トッケビのあらすじ 11話「兄妹の再会」の見どころは?

この記事は約6分で読めます。

韓国ドラマ「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」の第11話「兄妹の再会」のあらすじと見どころを紹介します。

前回の10話まででシンと他のメインキャストたちの前世との関係がだんだんと明らかになってきましたね!

さて、今回トッケビの11話のサブタイトルは「兄妹の再会」です。トッケビの兄妹といえば、おそらくあの人物のことでしょうか?

しかし、ここまでの話から察すればこの「再会」は本来実現しないはずです。一体どういうことなんでしょうかね?

こちらの記事では「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」の11話のあらすじを紹介していますが、この記事とは別に「トッケビの11話のドラマ本編の動画が少し気になる…」というあなたのために耳寄りな情報があります!

「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」の11話のドラマ本編の動画が気になるあなたにおすすめの情報はコチラ!

スポンサーリンク

トッケビの第11話「兄妹の再会」の内容は?

それでは早速「トッケビ」の11話「兄妹の再会」のあらすじを紹介しましょう!

突然明かされる前世の自分!?その時サニーは何を思う?

シンは、死神の話を聞くとサニーが自分の妹であると確信します。

そこでシンは、死神とサニーの店に行きます。そして、サニーに自分が兄だと伝えます。

しかし、サニーはなんのことやら理解できませんでした。そのため、シンたちを追い返します。

一方、ウンタクはシンがサニーに興味を持っていることを不審に思います。

ウンタクはドクファに何か知らないかと尋ねます。するとドクファはサニーがシンの妹の生まれ変わりだとウンタクに教えます。

そこで、ウンタクはサニーを説得し家に連れてきます。

シンはサニーに掛け軸を見せます。そして前世のことを伝えます。

サニーはその話を聞くとなぜか胸が痛くなります。しかしすべてを受け入れることは出来ませんでした。そしてサニーは寝込んでしまいました。

死の危機が訪れる!?その時ウンタクは何を思う?

ウンタクの高校の卒業式にシンがやってきました。ウンタクは自分の卒業式に誰もこないと思っていたため、シンの来訪に喜びます。

しかし、その夜シンは死神からあることを伝えられます。それは死者の名簿にウンタクの名前があるということでした。

そこでシンはついにウンタクにトッケビの花嫁の真実を伝えることにします。ウンタクはシンの話す内容にひどく動揺します。そして情緒不安定になってしまいます。

ウンタクはシンに「一緒に死のう」と告げます。するとシンは「自分が守るから」とウンタクを優しく抱きしめます。

ウンタクはその言葉を聞き、一旦は落ち着きを取り戻します。しかし、ウンタクの死の危機は確実に近づいてきていました…。

スポンサーリンク

トッケビの第11話「兄妹の再会」の見どころは?

それではここで「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」の11話の見どころを紹介しますね!

自分の前世を信じられず戸惑うサニーに思わず涙

ついに、シンがサニーを妹だと確信しました。

実は、前からシンとサニーの絡みが見たいと、思っていたのでこの展開にわくわくしていました。

しかし、サニーはこの事実をまったく信じようとしません。もう!なんでよ!と、思わず声を上げてしまいました。

前世の話を聞いている時、胸が痛くなってるのにも関わらずです。

こんな態度のサニーに、もどかしいと思いつつ、少しサニーの気持ちもわかります。

突然前世とか言われても、普通は理解出来ませんよね、

それに、シンの話を聞く限り、前世の自分(ソン)は、決して幸せな人生ではなかった。

もしかしたら、心の何処かにあるソンの心が悲しい事実を想い出すことを拒絶しているのかな?という風に思ったら、切なくて泣いてしまいました。

また、シンが前世を語るシーンでもまた泣いてしまいました。

前世のソンとワンヨが出てくるシーンは、とにかく泣けます。

ソンのかわいらしい笑顔が、その後の悲劇と繋がってると思うと、とにかく切なくなります。

トッケビは、涙がいくらあっても足りません。

さらに、サニーの前世に絡むシーンでひとつ謎が増えました。ウンタクに、サニーのことを教えたのは、ドクファです。

しかしドクファって、サニーの前世とか、何も知らないはずですよね?ウンタクにさらっと教えてますが、めちゃくちゃ怪しいです。

そもそもサムシンと知り合いっぽいし、ドクファにも何か秘密があるんでしょうか?これからのドクファの行動にも目が離せません。

事実を知ってしまったウンタクの切ない気持ちに涙が止まらない

死神の元に、ウンタクの死の名簿が届きます。やはり、サムシンが言っていたトッケビの花嫁の真実は、まだ継続なんですね。

シンとウンタクは、ラブラブだし、サニーの前世とかで、すっかり忘れてました。

というか、なかったことにしてほしいな、と思って忘れたことにしてました。でもそんな都合よくはいかないですよね。

シンはこのタイミングでウンタクに死の危機が近づいていることを伝えます。ここで伝えちゃうのか!という感じです。まだ秘密にしていてもいいんじゃないかと思ってしまいました。

当然、ウンタクは、情緒が不安定になってしまいます。

私が死ぬとかおじさんの剣を抜くとか、支離滅裂なことをウンタク言い始めます。

しかしそんなウンタクに、シンは全て「そうするか」と受け入れます。このシーン、シンの優しさにただただ号泣しました。最終的に、自分が守るといいシンはウンタクを抱きしめます。

この回で一番好きなシーンです。

2人の信頼関係もステキですし、とにかくシンの優しさと深い愛情に涙です。

死神とサニーのこれからも気になりますが、シンとウンタクも2人で幸せになってほしいです。

シンと死神のブロマンスシーンに思わず大爆笑

こんな切なさ満載のこの回もやはり笑えるシーンは、ちゃんとありました。

シンは、サニーが妹と分かり、死神と2人でサニーのお店に行き前世の兄だと言い突然抱きしめます。

これ、前世を告白する真面目なシーンのはずが、3人のドタバタシーンになってます 笑

シンに抱きしめられたサニーが、死神に「これいいの!?」と訴え、それに対して死神も「まだ早い!」と 笑

ここ笑っちゃダメだと思いつつ、めちゃくちゃ笑ってしまいました。

これ絶対に笑わせそうとして演じてますよね?

その後も、サニーについて話をする真面目に2人ですが、最終的にシンが妹に近づくな!と怒り出します。

それに対して「昼ドラだ」と、死神がつぶやきます。

どんなにまじめに話していても、気を許すとシンと死神のシーンは、笑いになる場合が多いですよね。気が抜けなくて困ります 笑

ただ悲しい切ないだけでなく、こんなクスリと笑えるシーンがあるからトッケビは本当に面白いドラマです!

笑いもあったのですが、この回は、ラストはかなり怖いです。

幽霊たちの間で噂になっているある幽霊が、ウンタクの前に現れます。

その人物がまさかの人でめちゃくちゃびっくりしました!次回どうなるのか、続きが気になります。

最後まで「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」の11話のあらすじの記事をご覧いただきありがとうございます!

そんなあなたに耳寄りな情報があります。なんと、トッケビの1話から最終話まで日本語字幕で無料で見られる方法があるんです!

その方法、気になりませんか?

トッケビの1話から最終話まで日本語字幕で無料視聴する方法はコチラから!!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました