トッケビのキャストの子役は誰?演じた俳優・女優さんの現在が気になる!

トッケビ キャスト

韓国のドラマを見ているといつも思うのが、子役の演技の上手さです。

また、そんな子役出身で大人になってからも活躍している俳優さんもたくさんいます。

ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」でも、子役たちが何人も出演しています。

今回は、そんなトッケビの子役たちについて紹介しますね!




スポンサーリンク


トッケビのキャストの子役を紹介!

ドラマ「トッケビ」には、何人もの子役が登場しています。

例えば1話に登場したシンがパリで出会った少年です。

彼は、養父に虐待されていたところをシンに助けられました。

またその他にもサニーのチキン屋の裏でいじめられていた少年もいましたね。

彼はウンタクに助けられていました。

そんなトッケビの子役たちの中で、今回は、ウンタクとドクファの子供時代の子役に注目したいと思います!

子供時代のウンタクを演じたのは誰?

ウンタクの子供時代を演じたのは、2008年生まれのハンソジンちゃんです。

切れ長一重のウンタクとは違い、ハンソジンちゃんはくっきり二重です。それに違和感を覚えた方も多かったようです。

しかし、最終的にはその演技力に圧倒されたという意見がほとんどだったようです。

子供時代のドクファを演じたのは誰?

ドクファの子供時代を演じたのは2007年生まれのチョンジフンくんです。

かわいいドクファの子供役にぴったりの愛らしさです。

また、チョンジフンくんはドクファの前世である高麗時代の少年も演じています。

どちらもシンを守る一族のユ家の子供です。高麗時代の少年は、シンを慕う素直な少年です。

しかし、ドクファの子供時代では、生意気な少年を演じていました。

同じドラマで、まったく違う性格の役を演じるなんてすばらしいですね!

スポンサーリンク


トッケビのキャストの子役の注目シーンはどこ?

今回私がおすすめしたいトッケビの子役の注目シーンは

  • 子供時代のウンタクがお母さんの死に気づくシーン
  • 高麗時代の前世のドクファがシンのお供を決心したシーン

の2つです。早速それぞれのシーンについて確認していきましょう!

子供時代のウンタクがお母さんの死に気づくシーン

ウンタクは子供時代から幽霊を見ることが出来ました。

そして、自分の誕生日を母親とお祝いします。その時、ふと母親がいつもと違うと感じます。そこでウンタクは、母親が死んでしまったことに気づきます。

このシーンは、涙なしでは見ることが出来ません。

実は、私も当初はウンタクの子供時代の外見に少し違和感を覚えていた一人でした。

しかしその違和感がこのシーンで一気に吹っ飛びました。そのくらい、ここの演技は感情が入っていていい演技だったと思いました。

高麗時代の前世のドクファがシンのお供を決心したシーン

ドクファの前世である少年は、祖父の遺言に従いトッケビになったシンのもとやってきます。

少年は祖父の死に涙を流します。しかし、涙をこらえシンに忠誠を誓います。少年は、悲しみを押し殺して、祖父の言いつけを守ろうとします。

そんな姿が健気で、思わず号泣してしまいました。

ただ、その割とすぐあとに現代のドクファの少年時代のシーンがあります。この時は、あの健気な少年と同じ人物とは思えないくらい生意気でした。

そのギャップの大きさに今度は思わず笑ってしまいました。

スポンサーリンク


トッケビのキャストの現在は?

ウンタクの子供時代を演じたハンソジンちゃん、ドクファの子供時代を演じたチョンジフンくん。

2人とも演技派の子役さんです。そんな2人は現在どんな活動をしているのでしょうか?

ハンソジンちゃんは、トッケビ出演後も子役としてドラマを中心に活動をしています。

トッケビに出演する前は、かなり数多くのドラマに出演していました。

ただ、トッケビ出演後は、数が減っている気がします。もしかしたら、学業中心に活動しているのかもしれませんね。

一方、チョンジフンくんは、トッケビ出演後は、映画を中心に活動をしているようです。

最近では、日本でも話題になった「神と共に – 罪と罰」のメインキャストとして出演を果たしています。

この映画でもトッケビ同様、かわいさを披露したということです。

今回は韓国ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」で子役を演じていたハンソジンちゃんと、チョンジフンくんについてお送りしてきました。

ビジュアルも可愛くて、演技もうまい2人ですので近い将来スタートして活躍を見ることが出来るかもしれませんね!

これからの活躍が期待できる2人にこれからも注目ですね。

タイトルとURLをコピーしました