麗 韓国ドラマ あらすじ7話の内容は?

この記事は約6分で読めます。

韓国ドラマ「麗(レイ) 花萌ゆる8人の皇子たち」の7話のあらすじについての記事です。前回6話では、ヘ・スに突然の結婚話が降ってきましたが、まさかの方法で回避しましたね。

しかし、その代わりにヘ・スは茶美院(タミオン)に移ることになりました。実はこれがきっかけでワン・ウクとの距離は遠くなり、逆にワン・ソとの関係が親密になる、という展開となります。

その第1章となるのが今回の麗 7話です。早速あらすじを確認してみましょう!

スポンサーリンク

麗 7話のあらすじ①ヘ・スから見た茶美院(タミオン)の印象

ヘ・スは茶美院のオ尚宮の部屋に呼ばれています。ヘ・スはオ尚宮に「お肌のお手入れと化粧なら得意なので、茶美院は私にぴったりの所だ」と前向きに話をします。

スポンサーリンク

麗 7話のあらすじ②ヘ・スと第4皇子ワン・ソの関係

ワン・ソはへ・スを待ち伏せして、茶美院の外へと連れ出します。ワン・ソは「もう少し傷が深かったら死んでいた。傷を持って生きるのは大変だ。皇宮で暮らすのは大変だ」とヘ・スを責めたてます。

そんなワン・ソにヘ・スは皇帝ワン・ゴンと結婚しようと思ったけれど、自分を守るためにはこうするしかなかったことを告げます。

そして、ヘ・スはワン・ソに「皇子様がここにいるのに、私がどうして独りなんですか?」とにこやかに笑います。

スポンサーリンク

麗 7話のあらすじ③将来を嘱望されていたワン・ソ

パク・スギョン大将軍とその娘スンドクが皇宮入りをしました。パク・スギョンは皇帝のもとにあいさつにむかいます。

皇帝は、パク・スギョンに「ワン・ソに武芸を教えてくれてありがとう」と感謝します。パク・スギョンは、皇帝に「第4皇子様は武芸に才能があり、顔に傷さえなかったら正胤(世継)として欠ける物はなかった。」と本音を漏らします。

スポンサーリンク

麗 7話のあらすじ④オ尚宮と皇后ユ氏の確執

茶見院にいるヘ・スを皇后ファンボ氏が優しく気遣います。

オ尚宮に、皇后ファンボ氏は「皇后ユ氏との関係は未だに悪いままか」と尋ねます。それに対して、オ尚宮は皇后ファンボ氏に、「気にしていないので心配なさらないように」と答えます。

スポンサーリンク

麗 7話のあらすじ⑤ヘ・スと正胤第1皇子ワン・ム

皇后ファンボ氏の部屋から出て廊下を歩いていると、ヘ・スは叫び声を耳にします。ヘ・スは叫び声が聞こえた部屋に入るとそこにいたのは正胤でした。大声の主は正胤だったのです。

ヘ・スは正胤を一目見るなりアトピー性皮膚炎だと確信します。正胤は運ばれてきた氷水を体にかけようとしますが、ヘ・スは慌ててその行為をとめます。そして、ヘ・スは正胤にペパーミントの葉で痒みをやわらげるように言います。

正胤の治療をしようとするヘ・スの前にオ尚宮が現れます。そして、オ尚宮はそのままへ・スと床へ押し倒し、ここはお前の来る場所ではないと追い出します。

スポンサーリンク

麗 7話のあらすじ⑥距離が近づくヘ・スとワン・ソ

ヘ・スは重い瓶をよろよろと運び庭に水撒きをしています。ヘ・スが楽しそうに水撒きをしていると、草むらで昼寝をしていたワン・ソに水がかかってしまいました。

そして慌てたヘ・スは水撒きの瓶につまづき割ってしまいます。

ヘ・スは「逃げようか」と独り言をいいながらウロウロと迷い始めます。そんなヘ・スに、ワン・ソは「逃げるのはやめて生きるために働け」と諭します。

スポンサーリンク

麗 7話のあらすじ⑦両想いのヘ・スとワン・ウク

文字の練習をしているヘ・スのもとにワン・ウクがやってきます。

ヘ・スのぎこちない筆の使い方を見て、ワン・ウクは自分の手を添えて教えます。そしてワン・ウクは、「旭」の文字を書いて、私の名前、ウク、朝に昇る日という意味だ、とヘ・スに教えます。

ワン・ウクはへ・スの手首を取ると傷の上に赤いひものついた腕飾りをつけます。そして、ワン・ウクはヘ・スに「赤は深い縁を意味している。約束してくれるか?一生外さないと」と告白します。

ワン・ウクからの告白にヘ・スはうれしそうに頷きます。それをみたワン・ウクはヘ・スに

どんなに時間がかかっても、そなたをあるべき場所に戻したい。
だから待っていてくれ。

と自分の思いを告げます。

それに対してヘ・スは

お気持ちは分っているので、急がれる必要はありません。
私元気良くやってますので。

と明るくワン・ウクに答えます。

それを聞いたワン・ウクはヘ・スの額にやさしくキスをしました。

スポンサーリンク

麗 7話のあらすじ⑧第13皇子ペガと後百済の皇女との出会い

木にもたれ、ペガは、後百済からの流浪の民のスケッチをしています。

すると、ペガの前にいきなり見知らぬ女性が現れます。そして、その女性はペガの絵をひったくるとびりびりと破りはじめます。

絵を破かれたペガは当然「何をする」とその女性に抗議します。しかし、女性は「私達を見損なわないで!」と言い放つとその場を立ち去ってしまいました。

スポンサーリンク

麗 7話のあらすじ⑨ワン・ウンの誕生祝


ヘ・スは、庭でワン・ウンの誕生祝いの準備をしています。

準備の済んだ会場にヘ・スはワン・ウンを連れて来ます。綺麗に飾られた祝いの会場を見回し、ワン・ウンは嬉しさを隠せません。

ワン・ウンを座らせ、

高麗での最初の友になってくれてありがとう、姉さんが亡くなった時に慰めてくれてありがとう

とヘ・スはお礼を言います。

それから特別な贈り物をしたかった、とヘ・スはワン・ウンのために「お誕生日の歌」を歌います。続いて、ヘ・スが振り付けと一緒に歌を歌うと、ワン・ウンは一緒になって踊ります。

そこへ、突如手を叩きながら他の皇子達が乱入します。はにかみながら歌うへ・スの澄んだ声に皇子たちは聞き惚れます。

スポンサーリンク

麗 7話のあらすじ⑩ワン・ソの悲しみ

皇子たちとヘ・スは誕生祝いの場所を茶見院へと移し、ワン・ウンは贈り物披露をしています。

贈り物披露が終わろうとする頃、「ソだけに貰える特別な贈り物がある」と第3皇子ワン・ヨがワン・ウンをそそのかします。

ワン・ヨにそそのかされたワン・ウンはワン・ソに仮面を外すように頼みます。ワン・ウンの言葉でその場にいたヘ・スと皇子たちが一瞬にして凍りつきます。

ワン・ソは「わかった」と言うと仮面を外し、部屋から出て行きます。

ヘ・スはワン・ソ追っていき、回廊でやっとワン・ソに追いつき引き止めます。

まだ私を笑いものにしたいのか?

とワン・ソはヘ・スに怒りをぶつけてきます。

スポンサーリンク

韓国ドラマ「麗」の7話のあらすじのまとめ

せっかく距離が近づいて来たヘ・スとワン・ソですが、ラストのシーンで再び険悪な雰囲気になってしまいましたね・・・。ヘ・スには落ち度はなさそうなだけに中々うまいようにはいかないですよね。

また、7話では皇帝のワン・ソへの思い入れや、女性同士の確執など今後に関係しそうなシーンもありました。

麗の8話以降ではどのような展開になるのか非常に気になりますよね!

以上、韓国ドラマ「麗(レイ) 花萌ゆる8人の皇子たち」の7話のあらすじについてでした。最後までご覧いただきありがとうございます!

※ 韓国ドラマ「麗(レイ) 花萌ゆる8人の皇子たち」の動画を無料で見る方法についてこちらにまとめました!!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました