トッケビ 13話の日本語字幕動画が見たい!サブタイトルの意味が非常に気になる…

この記事は約6分で読めます。

韓国ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」の13話の動画が無料で見たいあなたにとっておきの方法を紹介します。

トッケビ13話のサブタイトルは「死神に与えられた罰」ですが、どうやら死神にとってあまり良くない展開が起きそうですよね…。それだけに13話はどんな内容なのかが非常に気になりますね!

そこで今回はトッケビ13話の日本語字幕動画の無料視聴の方法とドラマ本編の内容をちょっとだけ紹介しますね!

スポンサーリンク

トッケビ 13話の日本語字幕動画の内容をちょっとだけ紹介!


それではここでトッケビ13話「死神に与えられた罰」のドラマの内容をネタバレなしで紹介しましょう!

悲しい真実!?その時シンがとった行動は?

シンが毎年灯篭を飛ばす寺院があります。その階段を登りきった所に、ひとりで死神はいました。

階段を一歩一歩登り、シンは死神に近づきます。それはまるで900年前、シンが殺された日と同じシーンのようです。

死神は、前世の記憶がまだ戻りません。シンは、そんな死神に「記憶がないお前は楽だろうな」といいます。その言葉に死神は涙を流します。

シンは、このまま死神と住むことは出来ないと考えます。そして、ウンタクを連れて家を出ます。しかし、シンは死神と過ごした日々を思い返していました。

前世の記憶が蘇る!?その時死神は何を思う?

死神は、監査チームに死神の力を私的に使ったことが、バレてしまいます。罰として、死神は前世の記憶に対面することになります。

前世の記憶の中で、死神の前世であるワンヨは全てに絶望していました。そして、自殺してしまいます。

死神が前世に犯した大罪とは、自ら命を絶ったことでした。事実を知った死神は、激しく後悔します。そして、シンに自分を殺してくれと頼みます。

トッケビの剣の真実!?その時シンは何を思う?

死神は、シンにウンタクの死の名簿が届いたことを伝えます。シンは、ウンタクは自分が守ると死神に言います。

そして、死神にパク・チュンホに狙われているサニーを守れといいます。

シンは、死神がワンヨだった時、伝えたかった言葉を言います。それは、自分も妹もワンヨを愛していたと言うことでした。

その時、シンは自分に刺さった剣の使い道を理解します。

そして、自分の命と引き換えに、パク・チュンホを斬ると決心します。

スポンサーリンク

トッケビ 13話の日本語字幕動画の感想は?


それでは最後に「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」の13話の感想を紹介しますね!

悲しい真実を知ったシンに涙が止まらない!

ついに、シンが死神の前世がワンヨだと知ってしまいます。

もちろん最初は、死神ことワンヨに辛く当たるシンです。

でも死神は、まだ前世の記憶も戻ってないんです。なので、何も分からない死神に、そこまで言う必要あるの?と思ってしまいました 涙

ただし、死神には前世の話だとしてもずっと生き続けてきたシンにとっては今の話なんですよね。

2人が仲が良かったので、こんなシーンは本当に見ていて辛いです。

しかし、とにかく冷たいシンでしたが、いままで2人で過ごした日々を思い出します。

そして、シンの回想が流れます。

ばーっと、シンと死神が一緒にお酒を飲んだり、2人が笑いあったり、仲良くしているシーンが流れます。

こんないちゃいちゃシーン見たら、もちろんそれだけで泣いてしまいました。

シンは、妹のソンや自分の一族、そして自分を殺したワンヨを恨んでいます。

でも、前世でもシンは、ワンヨのこと好きだったはずです。

出来の悪い弟を、ハラハラ見守る兄のような雰囲気でした。

そして、現世でもシンは、死神であるワンヨに友情を感じていました。

だからこそ、大好きな相手だから、どうしていいか分からず、悩んでいるんですよね 涙

シンは、憎んでも憎みきれない相手に、気持ちの整理ができないでいます。そんなシンの姿を見ていると、切なくて涙が止まりません。

記憶を消されても死神を覚えてるサニーに思わず大号泣!

死神は、シンから妹がパク・チュンホに狙われていると聞き、サニーを見守ります。

前回、死神は、サニーに辛いことは忘れてほしいと暗示をかけていました。

だから、自分のことは忘れていると思って、わりとわかりやすく尾行します 笑

でも、サニーは、死神のことを覚えていました。

サニーにとって、いまの死神との思い出や、過去のワンヨとの思い出は辛くないんです。

どんな辛い思い出も愛してるからこそ、幸せな思い出になるんです。

このことを死神にサニーが伝えるシーンはすごくステキでした。そして、サニーの愛情の深さに、号泣しました。

最後にサニーは、「現世では、あなたに惚れない、王様さよなら」といいます。

そして、これが死神への自分が与えられる唯一の罰だといいます。

サニーってやはりめちゃくちゃカッコいい女子ですね!

死を覚悟するシンに、切なくて大号泣!

シンは、自分の胸に刺さった剣の使い道を理解します。

それは、パク・チュンホをその剣で殺すことでした。

しかしそれには、自分も死ななければいけない。そして、シンは死ぬ為の準備をします。

まずウンタクとの旅行です。何も知らないウンタクは、2人で行く旅行が嬉しくて、とにかくはしゃぎます。

そんな無邪気なウンタクがら余計に切なくて、泣いてしまいました。

その旅行で、シンはプレゼントだといい、以前ウンタクが書いた契約書のコピーを渡します。

たしかに、契約書って2枚必要ですもんね。そんな本格的な契約書にウンタクは、またまたはしゃぎます。

これがまた逆に切なくて泣けます。

旅行の後、シンはその契約書を読んで泣きます。その契約書には、守れない約束があるからなんですよね 涙

ほんとに、神様って意地悪です!

そして、シンはドクファの職場と、サニーのお店にいき、2人を静かに見つめます。

シンにとって2人もかけがえのない大事な人なんですね。

そんなシンの行動に、もう号泣しっぱなしです。

そして、ウンタクには真実を伝えず、パク・チュンホを倒すべく動きます。

これは、かなり危険では?と、思いましたが、やはりかなり危険でした。

でもここのシーンは、かなり迫力があり見応えがありました。

今回は、ラストがかなり衝撃的で、涙も吹っ飛ぶ勢いでした。

でも、シンと死神の連携プレーがめちゃくちゃカッコよかったです。

この後、どうなっちゃうのか、ハラハラドキドキです。とにかく、次回が早く見たいです!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました