太陽を抱く月のあらすじ 11話「許されぬ縁」の見どころが気になる!

太陽を抱く月 あらすじ

韓国ドラマ「太陽を抱く月」の第11話「許されぬ縁」のあらすじと見どころを紹介します。

前回の第10話のラストではヨヌと陽明君が再会することになりましたね。その一方でフォンは魔除け人の巫女にヨヌの面影を重ね、苦悩をしているようです。

果たして、11話のサブタイの「許されぬ縁」とは誰と誰の縁を指しているのでしょうか?

こちらの記事では「太陽を抱く月」の11話のあらすじを紹介していますが、この記事とは別に「太陽を抱く月の11話のドラマ本編の動画が少し気になる…」というあなたのために耳寄りな情報があります!

「太陽を抱く月」の11話のドラマ本編の動画が気になるあなたにおすすめの情報はコチラ!

スポンサーリンク

太陽を抱く月の第11話「許されぬ縁」の内容は?

それでは早速「太陽を抱く月」の11話「許されぬ縁」のあらすじを紹介しましょう!

陽明君とウォル(ヨヌ)のその後は?

ウォル(ヨヌ)は急に自分の腕をつかまれ驚きます。

そんなウォルに対して陽明君は「私が誰だか本当に分からないのか?」と尋ねます。

するとノギョンが陽明君とウォルの間に割って入ります。そして、ノギョンは陽明君に

この巫女は魔除け札なので関わってはなりません

と告げます。そしてそのままウォルを連れていってしまいました。

かなわぬフォンの希望

ウォルはいつものように魔除け人としてフォンの部屋にいました。

そんなある日のこと、フォンはウォルに生い立ちを尋ねます。しかし、ウォルは

神降ろしの時にそれまでの一切の記憶はなくなった。

だから尋ねられてもフォンの希望する返事は出来ない。

もうこれ以上、質問はしないで欲しい

と答えました。

フォンはウォルの答えに、返す言葉がありませんでした。
 

ノギョンの心配事

ウォルは魔除け人として日々フォンとの距離が近づいていきます。

そのことに対してノギョンはあることを心配するようになります。

それはウォルの正体がヨヌであることがバレてしまうということです。その結果ウォルに身の危険が及ぶのではないかと気になりました。

そのため、ノギョンはチャンシルに

  • ウォルとヨヌが同一人物だという事を他言してはならない
  • ウォルの居場所を絶対に他人に口外してはならない

と言っていました。

しかし、チャンシルはノギョンの言いつけを破ってしまいます。チャンシルは子供のころ陽明君に助けてもらった恩がありました。そのため、陽明君にウォルが宿星庁にいることを話してしまったのです。

怒ったノギョンはチャンシルを宿星庁から追い出してしまいます。

ヨヌの死に疑問を持つフォン

フォンはヨヌが死の間際に書いた手紙を読んで、ある疑問を持ちます。それはヨヌは病死ではなく他殺だったのではないかという疑問でした。フォンは自らヨヌの死の真相について調査し始めました。

しかし、宮殿での記録にはヨヌの死に関する記述は全く見当たりませんでした。さらに、当時のことを知る唯一の臣下に話を訪ねようとしてもその臣下はフォンを避けていました。

なかなか真相を知る糸口が見つからないことに、フォンはますます疑いを深めるのでした。

寂しさの感情が抑えられない陽明君

宮中では陽明君はフォンの立場を脅かす者として大臣や大妃から冷遇されていました。

陽明君はその寂しさから、寺に出家した母親に会いに行きます。しかし、母が祈っているのはフォンの安泰でした。

陽明君はウォルに会うことが出来ず苛立っていました。ついに陽明君は母に

何故、いつも一番に息子である自分ではなく、王の事を祈るのですか?

これからは、自分のやりたいようにやります

と言って、寺を出ていってしまいました。

ウォルの魔除け人の解任とフォンとの市場での再会

ノギョンはウォルの魔除け人としての任務を解きます。そしてソルと一緒に宿星庁を出るように命じます。

ウォルはノギョンの命令に素直に従います。

ウォルが宿星庁を出る前日にチャンシルから手紙が届きました。手紙には

自分はある人に助けられて元気に暮らしています。

そこで自分が今住んでいる場所に荷物を持って来て欲しい

と書かれていました。

しかし実は荷物を持って来てもらうというのはあくまでチャンシルの口実でした。チャンシルは恩人の陽明君にウォルを会わせようとしていました。

ウォルは手紙に書いてあったとおりにチャンシルの荷物をもって市場へ出かけます。

一方、フォンはヨヌの死の原因を探るために市場へ向かいました。するとフォンは偶然市場でウォルに出会います。

フォンとウォルが一緒に歩いていると市場で人形劇が催されていました。二人はその人形劇の観客の中に入り座り、鑑賞をするのでした。

スポンサーリンク

太陽を抱く月の第11話「許されぬ縁」の見どころは?

それではここで「太陽を抱く月」の11話の見どころを紹介しますね!

陽明君が母を訪ねる場面

陽明君は少年時代から王の側室の子として肩身が狭い思いをしていました。それでも明るく賢く優しい陽明君でしたが、ここに来て変わろうとしています。

陽明君の願いである地位より愛する女性を希望する思いがそうさせるのでしょう。

陽明君がこれからどう変わっていくのか心配でもありますが先の展開が知りたいです。

フォンとウォルが市場で出会う場面

フォンとウォルが市場で偶然出会う瞬間は少年少女のフォンとヨヌが初めて出会った時と非常に似ていました。

倒れそうになるウォルをフォンが受け止めるというシーンは、これからの2人の関係をそれとなくあらわしているでしょうか?今後どうなるのかを注目したいです。

最後まで「太陽を抱く月」の11話のあらすじの記事をご覧いただきありがとうございます!

そんなあなたに耳寄りな情報があります。なんと、太陽を抱く月の1話から最終話まで日本語字幕で無料で見られる方法があるんです!

その方法、気になりませんか?

太陽を抱く月の1話から最終話まで日本語字幕で無料視聴する方法はコチラから!!

タイトルとURLをコピーしました