太陽を抱く月 あらすじ 全話ネタバレ!5話の内容は?

韓国ドラマ「太陽を抱く月」の5話のあらすじについての記事です。4話では大妃の策略を乗り越え、めでたくヨヌがフォンの妃に選ばれることができましたね。

しかし、気になるのはその後です。このまま二人が一緒に幸せに暮らす、となればハッピーエンドなわけですが、大妃が恐ろしい計画を実行しようとしているんですよね。

果たしてヨヌとファンの二人の今後は一体どうなってしまうのでしょうか?早速5話のあらすじを確認していきましょう!

スポンサーリンク

太陽を抱く月 5話のあらすじ

今回、太陽を抱く月の5話のあらすじについては3つのエピソードに分けて紹介したいと思います。

恐ろしい呪い

妃候補に選ばれた喜びも冷めやらぬうちに、ヨヌの厳しい修練が始まります。フォンは遠くからそんなヨヌを見守ります。

そんなある日の夜、大妃は星宿庁(国の安泰祈祷や雨乞いなどをする官庁)で、星宿庁の長ノギョンにヨヌへ呪いをかけるよう命じます。

ノギョンの儀式が終わり、ヨヌはじきに病気のために死ぬことを確認すると、大妃は祈祷の部屋を出ます。

そして大妃は隣の小部屋で震えるミナに

もう終わったから心配いらない。これでお前の望みはかなう

と言って星宿庁を後にします。

引き裂かれるヨヌとフォン

ヨヌは呪いの儀式により床で苦しみ、やがて家に帰されました。フォンはどうすることもできず、宮殿を出るヨヌの姿を見送りました。

臣下からヨヌの廃位を求める声が高まっても何もできないフォンは、夜にこっそりヨヌを見舞います。

フォンは髪飾りをヨヌの手に握らせて言いました。

これは太陽を抱く月だ。
王は太陽で王妃は月だという。
この鳳凰のかんざしは白い月が赤い太陽を抱いているから私が太陽を抱く月と名付けたのだ。
お前だけが私の妃だ

と。

ヨヌの悲しい最期

日々衰えていくヨヌのもとへ、ノギョンがやって来ました。ノギョンはヨヌの父親ヨンジェに

ヨヌには神霊が宿っていてそれを拒んでいるために病気になった。
神霊から逃れるには死しかない。
楽に死ねる方法はこれしかない

と告げ薬を置いていきました。

ヨンジェはヨヌの兄ヨムを親戚の家へ身を寄せるように命じ、使用人のソルを別の家の使用人にします。

そしてヨンジェはヨヌと二人きりになります。

ヨンジェはヨヌに薬を飲ませることを最後まで躊躇しました。しかし、ヨヌは自分から飲みたいと父に訴えます。ヨヌが薬を飲んだ直後、フォンからもらった髪飾りを胸に抱き息を引き取りました。

その日の夜、フォンの枕元にヨヌが現れました。夢の中のヨヌと言葉を交わして目覚めると、フォンの元に悲しい知らせが届きます。

フォンはヨヌの訃報を聞くと呆然として立ちあがります。そして、ヨヌに会いに行こうと宮殿を出ようとします。腕をつかむ護衛に対してフォンは

ヨヌに話したいことがあるのだ

と涙ながらに叫ぶのでした。

スポンサーリンク

太陽を抱く月 5話のあらすじのまとめ

太陽を抱く月 5話はまさかの展開になりましたね。何とヒロインが亡くなるというある意味前代未聞でありますよね。

同時に今までの物語上、何の落ち度もないヨヌが周りの黒い野望によって命を落とす、という何とも悲惨過ぎる展開になってしまいました。

もちろん、太陽を抱く月の話はこれで終わりではありません。さすがにこの結末は悲しすぎますよね。

しかし、6話以降はどのような展開となるのか、全く読めなくなってしまいましたよね。

以上、太陽を抱く月 5話のあらすじについてでした。最後までご覧いただきありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました