太陽を抱く月 あらすじ 全話ネタバレ!2話の内容は?

韓国ドラマ「太陽を抱く月」の2話のあらすじについての記事です。1話ではヒロインのヨヌとフォンが出会ったところで話が終わってしまいましたね。

太陽を抱く月の物語のメインとなるのはヨヌとフォンの二人ですが、2話ではこの二人を支える(対抗する?)キーパーソンが次々と登場します。

逆に言えば、太陽を抱く月の1話と2話を見れば中心人物が誰でヨヌとフォンの関係がどうなのかが何となく把握できることになります。そうなれば太陽を抱く月の全話がより面白くなるのではないでしょうか?

それでは早速2話のあらすじを確認していきましょう!

スポンサーリンク

太陽を抱く月 2話のあらすじ

今回、太陽を抱く月の2話のあらすじについては4つのエピソードに分けて紹介したいと思います。

陽明君の想い

陽明君は旅から帰ると月夜の庭で世子イ・フォンへの思いにふけるヨヌをひそかに見守ります。そしてヨヌの心を察した手紙と土産を残し立ち去ります。

その後陽明君は友人であるヨヌの兄ヨムと武道の達人ウンを訪ね親交を和やかに深めるのでした。

フォンとヨヌの縁をつなげる兄ヨム

尊敬できる師になかなか出会えないフォン。そんなフォンの新たな教育係に任命されたのはヨムでした。ヨムは反抗的なフォンになぞ解きを出し、正解できれば職を辞すると申し出ます。

次の授業で、解答を不正解とし王としての心構えを諭すヨムを、フォンは師として信頼し始めます。新たな師にお茶をふるまうフォンは今回のヨムの授業は妹の知恵であると知ると、妹ヨヌに褒美を遣わします。

市場での陽明君との出来事とライバル、ボギョンとの出会い

ヨヌは使用人ソルを連れ市場に出かけます。すると二人ははぐれてしまいます。やがて雨が降ってきました。

そこに現れたのは陽明君です。陽明君は自分の着物を傘がわりにヨヌを自らの温室へ連れていきます。

初めての温室に興味を示すヨヌに「王さまのお好きな花なんだ」と菊の鉢を見せながら愛おしそうに眺めます。

それと同時に陽明君は自分を冷遇した王の態度を思い出します。しかし、ヨヌにはその寂しさを口にすることはありませんでした。

一方、ソルはスリの濡れ衣を着せられ連れていかれていました。ソルの無実を知りながら自分の屋敷に連れてきてひどい仕打ちをした少女、それは大妃の忠臣ユン大臣の娘、ボギョンでした。

ボギョンは傷だらけのソルを迎えに来たヨヌが同格の少女だと知ると、召使に詫びるように命じこの場は収まります。しかし、ボギョンは自分の振る舞いに対し、ヨヌのわけ隔てない凛とした振る舞いに敵意を抱きます。

動きだすそれぞれの運命の歯車

宮廷に仕えるヨムに一目ぼれをしてしまったフォンの妹ミナ王女は、自分も弟子にしてくれと王さまに申し出ます。しかし、その申し出はあっさり断られてしまいました。

そんなミナの友人として良家の少女が宮中に呼ばれます。宮中の門をくぐろうとする二人の少女はヨヌとボギョンです。

そこへ現れた巫女ノギョンは、ヨヌを見て「アリが託した娘はこの少女だろうか」と直感します。またボギョンを目にしたノギョンは驚きの表情を見せるのでした。

スポンサーリンク

太陽を抱く月 2話のあらすじのまとめ

太陽を抱く月の2話で新たに登場したのは陽明君にボギョン、そしてミナ王女です。陽明君はヨヌに協力的な反面、ボギョンは逆に敵対関係となるのは予想できますよね。

そして、気になるのはミナ王女です。実はミナ王女はそれほどヨヌに敵意はないものの2話を見てもやや「世間知らず」なところがあるようです。それが災いしてミナ王女は周りに利用されやすいところがあります。

実はミナ王女がヨヌの運命を大きく変えるきっかけとなるのですが、それが明らかになるのはもう少し先の話です。

さて、太陽を抱く月の役者はこれでほとんど揃ったことになります。3話以降では一体どのような展開を迎えることになるんでしょうかね?

今回はその中の太陽を抱く月 2話のあらすじでした。最後までご覧いただきありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました