師任堂(韓国ドラマ) あらすじ 21話 サイムダンを襲った新たな災難とは?

韓国ドラマ「師任堂(サイムダン)色の日記<完全版>」の21話のあらすじネタバレ記事です。

前回20話ではサイムダンとギョムは助かりそれぞれの場所に戻りました。

その後、サイムダンは高麗紙の秘法の解読に成功して高麗紙を作ります。フィウムダンたちも高麗紙を作りサイムダンたちの邪魔をしようとします。そして紙の質比べの日、審査でサイムダンとフィウムダンの2人が最後まで残りました。

次回21話ではどちらの高麗紙が選ばれるのでしょうか?それでは早速「師任堂(サイムダン)、色の日記<完全版>」の21話のあらすじを紹介していきましょう!

スポンサーリンク

師任堂(韓国ドラマ) あらすじ 21話

選ばれた高麗紙

サイムダンとフィウムダンは質比べの最終まで残ります。
見学に来ていた比翼堂の芸術家たちは画家が2人いると盛り上がります。
セヤンは紙の審査で質の高さは優劣つけられないといいます。
明の刺使は絵を描かせてみてはどうかと提案します。
サイムダンとフィウムダンはそれぞれ絵を描くことになります。
ところが、サイムダンの絵の粉にはミンに細工されて色が混ざりませんでした。
フィウムダンは先に絵を描き進めます。
サイムダンは少し考えます。
そこで飾ってあった花の実を使って墨と実の赤の2色だけを使って絵を描きます。
その様子に注目が集まります。
王様は2つの絵のどちらか選ぶのかを刺使に判断を委ねます。
すると、刺使はサイムダンの絵を選びます。
工房の人たちはサイムダンの勝利を喜びます。

ギョムの仕掛けた罠

ギョムは王様に、ミンの問題を説明して罪を問うべきだと申し出ます。
サイムダンの工房が火事になったことを話します。
王様は、火事になったのになぜ紙の提出ができたのかを聞きます。
その時、火をつけたミンの密偵の男を捕らえて王様の前に連れてきます。
コッチョンは裏で密偵の男の後をつけて調べてすべてギョムに報告をしていました。
紙の提出ができた理由を話します。
それは、密偵の男が火をつけようとしていました。
そこに何人かの流民が見て男を拷問します。
ミンを捕まえるために、できあがった高麗紙を隠しておきます。
そしてわざと火をつけさせミン側を騙したのです。
王様はその理由を知ってミンの罪をすべて明かせと命じます。
もう1人証人にヨンイジョンの息子が姿を現します。
王様はすべての理由を知ってミンを拘束します。
ミンは事前に、フィウムダンに自分が捕まることを話します。
財産を使い切ってでも自分を自由の身にするようにと指示します。
ギョムはミンが流刑になり、移送される姿をサイムダンと2人で見届けます。
サイムダンはギョムに今までのお礼をいいます。
そこでウォンスは、ギョムがサイムダンの手を握るのを離れたところから見ます。

ウォンスの浮気

2年の月日がたちます。
サイムダンは自由に絵を描いています。
工房も大きくなりました。
たくさんの人たちが仕事をしています。
ミンの息子は学堂で勉強を続けていましたが孤立してしまいます。
ミンは流刑地で見張りが付き、乱暴な扱いを受けます。
フィウムダンは水月観音図の絵を倭国に売ります。
サイムダンは夫・ウォンスを門で待っていました。
その頃、ウォンスは酒場のおかみのクォン氏のところで一緒に寝ています。
ウォンスはクォン氏の家と自分の家を行き来する生活をしています。
クォン氏はウォンスとの子どもを妊娠しています。
ウォンスはそろそろ決着をつけてほしいとクォン氏に急かされます。
サイムダンに話すと言ってウォンスは家に帰ります。
サイムダンはウォンスの様子がおかしいことに気が付きます。
ウォンスの服を見ると口紅のあとがついているのを見ます。
比翼堂では、ギョムは2年も戻らないと心配しています。
ギョムは船から降り2年ぶりに都に戻ってきます。
家に帰る途中で村人に乱暴し、暴れている倭国の者たちを見ます。
ギョムは鉄砲を撃って倭国の者たちを追い払います。

隠されていた金剛山図

時代は現代です。
ジユンはルーベンスの韓服を着た男の絵を見て調べます。
サンヒョンはヘジョンとラドへメールを送り続けます。
ヘジョンはサンヒョンにミン教授が学長になることを話します。
サンヒョンは、その話を聞いてミン教授の助手2人を説得しにいきます。
そこで金剛山図を燃やしたのになぜ知らない顔をしているのかと聞きます。
助手の2人は、ミン教授は恐ろしい人だから従っているだけだといいます。
もし証言したらミン教授は黙っていないと怖がります。
ミン教授は、そんな3人が話す様子を車の中から見ています。
その後、ミン教授は助手2人を食事に誘います。
その席で助手の2人はサンヒョンに会ったことを聞かれます。
ミン教授は、本当に燃やしたと思っているのかといい、2人をある場所へ連れていきます。
そこには、真作の金剛山図が置いてあり、信じてついてくるようにいいます。

スポンサーリンク

サイムダン第21話の感想

火事になったからくりがよくわかりました。
それでうまく提出できたとはギョムとサイムダンの連携でした。
ミンも捕まり、今は平和な感じですけどまた何があるのかわかりません。
ウォンスの浮気、しかも子供まで作っていたなんてびっくりでした。
今後のサイムダンは真実を知ったらどうするのでしょう。

気になったシーン

サイムダンが困ったときでもアイデアにあふれていて花の実で絵を描くシーンです。
慌てたりしない冷静なところがまたよかったです。

どんなところが気になったのか

ウォンスが酒場の女性と浮気をしていたことが気になりました。
妊娠までさせてしまって完全な不倫です。
サイムダンはさすがに許さないでほしいと思いました。

以上、韓国ドラマ「師任堂(サイムダン)色の日記<完全版>」の21話のあらすじでした。
最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました