サイムダンあらすじ ネタバレ 20話 明かされる高麗紙の秘法とは?

この記事は約4分で読めます。

韓国ドラマ「師任堂(サイムダン)色の日記<完全版>」の20話のあらすじネタバレ記事です。

前回19話ではサイムダンのピンチを再びギョムが救いました。

一方、ナム貴人が王様に言葉を吹き込んだ結果、ミンの打ち首は中止になってしまいました。その後、サイムダンとギョムはミンに絵を奪われて、崖から落ちてしまいます。

20話ではサイムダンとギョムにどんな困難が待ち受けているのでしょうか?それでは早速「師任堂(サイムダン)、色の日記<完全版>」の20話のあらすじを紹介していきましょう!

スポンサーリンク

サイムダンあらすじ ネタバレ 20話

落ち着かない王様

ウォンスはサイムダンを見つけて保護します。
また、セヤンもギョムを無事に見つけます。
ギョムは王様に死にかけたことを話します。
そこでミンを方面したことで抗議します。
王様の頭には高麗紙のことしかなく聞き入れませんでした。
王様は高麗紙が作れれば許すといいます。
そこにミンも王様の前に現れます。
王様は罪を先送りしただけだといいます。
早く高麗紙を持ってくるように命じます。
工房ではパルボンの死をみんな悲しみます。
サイムダンは高麗紙の秘法を書いた紙を確認します。
ギョムは王様の言葉に憤ります。
セヤンはそんなギョムをなだめます。
そこでギョムにナム貴人には気をつけるように話します。
そのナム貴人のささやく一言で大きな災いが起こりかねないといいます。
ミンはフィウムダンの部屋から黒牡丹の衣装を見つけます。
フィウムダンが帰ってくると黒牡丹の正体はお前だったのかと殴ります。
ミンはフィウムダンに薄汚い旅籠の娘の恨みを持ち込むなといいます。
その命がおしければ秘法を突き止めてサイムダンたちより先に高麗紙を作れと指示します。

高麗紙の秘法

サイムダンは家事をしながら高麗紙の秘法の意味を考えます。
酒場のおかみが客にからまれているとウォンスがきて間に入ります。
ウォンスは客に殴られてしまいます。
そんなウォンスにおかみは食事を作ります。
ギョムは工房にいるサイムダンに比翼堂で高麗紙の秘法の解読するようにいいます。
ヒョルリョンとウも一緒に比翼堂に連れていきます。
高麗紙の秘法の意味をみんなで一緒に考えます。
ヒョルリョンは破字にしたらいいとヒントを見つけます。
サイムダンはウが書いた文字を見ているとひらめきます。
高麗紙の秘法は藤の木だということがわかります。
フィウムダンも人を使い、秘法が藤の木だと知ります。
フィウムダンは密偵の男を使い、サイムダンが紙の質比べに参加できないように手をまわします。
サイムダンは試作を繰り返します。
そしてようやく高麗紙を作り上げます。
出来上がったことをみんなで喜びます。
その後、密偵の男はフィウムダンの指示で紙が保管してある倉庫に火をつけます。
火事に気がついてみんなで火を消します。
そこで隠れて見ていたミンの手下は火事になるのを確認して撤収します。

紙の質比べ

紙の質比べ当日です。
ミンの手下は提出者の名簿にサイムダンの名前がないことを確認します。
サイムダンの姿はまだなく、紙の質比べが始まります。
セヤンは8軒が質比べに参加していることをみんなの前で話します。
王様と明の刺使も質比べに参加します。
すべての審査が終わり、2軒が残ったと発表します。
フィウムダンが1軒目に選ばれます。
2軒目にサイムダンの工房が選ばれ、サイムダンが姿を見せます。
フィウムダンとミンは驚いた顔をします。

悩むジユン

時代は現代です。
ジユンはウンスと遊びに出かけます。
ウンスはジユンに心を開こうとしません。
ヘジョンとサンヒョンはジユンの実家に遊びに行きます。
サンヒョンは日記の解読もほぼ終わったと話します。
ジユンは2人を巻き込んで申し訳ないと謝ります。
ミン教授は会長と館長に呼ばれます。
会長は首脳会談の会場に金剛山図を展示するといいます。
館長は専門家もくるのに贋作を展示するのかと抗議します。
ミン教授は正真正銘の真作だといいます。
ジユンの父は、心を閉ざしたウンスに何か話をします。
ジユンは外で考え事をしながら景色を見ていると誰かがジユンの写真を撮ります。
その人を追いかけてようとしますが見失います。
ジユンはそこで写真付きのメモを拾います。
そのメモには「勇気とは祈りを終えた恐れ」と書いてあります。

スポンサーリンク

サイムダン第20話の感想

ようやく高麗紙の秘法がわかって紙も完成しましたが同時にフィウムダンもわかってしまい、紙作りも同時進行な感じになってしまいました。
火事になって燃やされてしまったはずなのになぜ提出できたのでしょう?
何かありそうですがそこが不思議なところでした。

気になったシーン

みんなで高麗紙の秘法を考えているシーンです。
ギョムやヒョルリョンや比翼堂の人たちみんなで調べながら考えているところはよかったです。

どんなところが気になったのか

いつもサイムダンはウのおかげでひらめくことが多いようです。
今回もウの描いたものを見て秘法がわかりました。
そんなところが気になりました。

以上、韓国ドラマ「師任堂(サイムダン)色の日記<完全版>」の20話のあらすじでした。
最後までご覧いただきありがとうございました!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました