奇皇后 あらすじのネタバレ 3話の内容は?

この記事は約3分で読めます。

奇皇后の3話のあらすじのネタバレ記事です。2話では元の皇太子のタファンが高麗にやってきました。もちろん、タファンを巡って様々な騒動が起きるのは想像できますよね。

早速奇皇后の3話のあらすじを紹介していきましょう!

スポンサーリンク

奇皇后 3話のあらすじのネタバレ

今回、奇皇后の3話は大きく分けると4つのエピソードに分かれます。

山賊の奇襲

元の丞相は高官ペガンにタファン殺害を命じます。

しかし、ペガンは前皇帝に忠義を感じており、その息子であるタファンの殺害を躊躇します。とはいえ、丞相の命にそむくこともできませんでした。悩んだ結果、ペガンは山賊にタファンを殺害させようと考えます。

タファンは身の危険を察知し、逃亡を図ります。タファンは米櫃に隠れ、無事に難を逃れることができました。タファンの顔を知らない山賊は身代わりの宦官を皇太子と思い殺してしまいます。

濡れ衣

遺体を確認したペガンは死体がタファンではないことに気づきます。ペガンは死体の顔を焼き、特定できない状態にします。

その後、高麗の地で皇太子が亡くなったとして、ワンユにタファン殺害の罪を被せようとします。その死体が皇太子とは別人だとする決定的な証拠が出せずワンユは窮地に立たされてしまいます。

しかしスンニャンの機転でタファンは無事に保護され、ワンユも濡れ衣を着せられずに済むのでした。

スンニャンとワンユの再会

高麗国存続の危機を脱し、スンニャンとの再会をこころから喜ぶワンユ。スンニャンはワンユが高麗王だったと知り驚きを隠せません。

そして、ワンユは信頼するスンニャンにタファンの護衛を命じます。

ヨンビョンスの裏切り

ワンユは丞相が皇太子の命を狙っていることに気づきます。すると、ワンユはタファンの警護を高麗の兵で固めペガン達、元の兵士を国に帰します。

タファンの殺害計画は親元派ワンゴにゆだねられることになります。ワンゴは万古府のヨンビョンスにタファンの暗殺を命じます。本来なら万古府はタファンを守るべき立場です。しかしヨンビョンスは出世に目がくらみ、タファンの殺害命令を受けてしまいます。

そしてスンニャンの警護の隙を狙って、タファンに襲い掛かるのでした。

スポンサーリンク

奇皇后 3話のあらすじのまとめ


奇皇后3話では早速元の皇太子のタファンが何回か襲われることになりましたね。元の皇帝にも狙われ、一方で高麗の勢力闘争にも利用され、とまさに散々ですよね。

まあ、これが後の奇皇后となるスンニャン(ヤン)との出会いになるわけですから、そもそもタファンが高麗にやってこなければ奇皇后はなかったわけですから物語的には結果オーライなんでしょうか。

とはいえ、ワンユにとってはヤンを巡って自分が助けた元の皇太子と三角関係になるわけですから、それを考えると何とも難しいですよね。

※もちろん、史実とドラマ「奇皇后」の内容は多少異なっているのでしょうが・・・。

ともかく、奇皇后4話ではタファンたちがどうなってしまうのか、非常に気になりますよね!

以上、奇皇后3話のあらすじのネタバレでした。最後までご覧いただきありがとうございました!

※実は奇皇后の動画が無料で見られる方法があるのをご存知ですか?詳しくはこちらで!!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました