奇皇后 あらすじのネタバレ 2話の内容は?

奇皇后の2話のあらすじのネタバレ記事です。1話のラストではヤンとワンユがいきなり再会するという驚きの展開もありましたが、この後どうなるのか気になりますよね。

※とはいってもこの時のヤンはスンニャンとして男装していたので、結局ワンユは気が付かなかったというオチだったわけですが・・・。

早速奇皇后の2話のあらすじを紹介していきましょう!




スポンサーリンク


奇皇后 2話のあらすじのネタバレ①ワンゴからワンユへ

親元派のワンゴは元に取り入って、自分が高麗の王になろうと画策していました。

母を殺した元への復讐心を持っているスンニャンは生きるためにワンゴの片腕となっていました。

しかし、ワンユがワンゴの悪事を暴こうとしていることを聞くとワンユを助け、ワンゴを追い詰めます。

ところが、高麗の王は世子ワンユにその座を譲ると同時にワンゴを不問にします。それは、ワンゴの罪を問うことで国が二分することを恐れたからでした。

スポンサーリンク


奇皇后 2話のあらすじのネタバレ②スンニャンの父との再会


仲間のもとに戻ったスンニャンは今度はならず者として巡軍万古府にとらえられてしまいます。

のちに解放されたとき、仲間の一人が持ち帰った万古長キジャオの指輪を見て彼が自分の探していた父だと気づきます。それから、スンニャンは仲間と離れ万古府の一員として働くようになります。

スポンサーリンク


奇皇后 2話のあらすじのネタバレ③元の皇太子タファンの亡命

王となったワンユは貧しい民のために高麗を強い国にしようと考えます。そのため、ワンユは不正を尽くし、私腹を肥やしている役人たちと対立することになります。

そんな時、元の皇太子タファンが高麗に送られてくることになりました。

罪を問われなかったワンゴは、まだ王の座を狙っていました。もし元の皇太子が高麗で亡くなれば、その罪で王となったワンユを王座から引きずり下ろすことができると考えたのです。

元でも皇太子は皇位を狙う丞相にとっては邪魔な存在でした。そのため、高麗で皇太子を殺害し、その罪で目ざわりな高麗も一掃する計画を立てていたのです。

タファンは自身の身の危険を感じとっていました。自分は愚かで権力を欲していないことを演じ続けなければ、元では生きていけませんでしたある日、タファンは身代わりを立て、元からの逃亡を図ります。そして、身を潜めたのがスンニャンのテントでした。

スポンサーリンク


奇皇后 2話のあらすじのまとめ


奇皇后2話ではスンニャン(ヤン)がついに父親と再会することができました。しかし、このときのヤンはスンニャンに男装しているため、自分の正体を明らかにすることはできません。スンニャンにとっては非常にもどかしい状況ですよね。

一方で元の皇太子がやって来たことでまだ高麗ではひと波乱がありそうです。何よりワンゴが高麗王になるために何か企んでいるというのが気になりますよね。

奇皇后3話では一体どうなってしまうんでしょうか?

以上、奇皇后2話のあらすじのネタバレでした。最後までご覧いただきありがとうございました!

※実は奇皇后の動画が無料で見られる方法があるのをご存知ですか?詳しくはこちらで!!

タイトルとURLをコピーしました