トッケビのロケ地(海岸)はどこ?ドラマファンなら必見!?

トッケビ ロケ地

韓国ドラマ「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」でシンとウンタクが初めて出会うシーンは海岸です。

ですので海岸はトッケビにとっては、ここからシンとウンタクの物語が始まるという意味では非常に重要なシーンの一つともいえます。

ところで、トッケビの海岸はどこにあるのでしょうか?韓国国内なのでしょうか?

早速トッケビの海岸のロケ地について詳細に迫ってみましょう!




スポンサーリンク


トッケビでロケ地の海岸はどのシーンで登場する?

トッケビの海岸は1話の2人の出会いのシーンで登場しました。

ウンタクは孤独に自分のお誕生日をお祝いしていました。ウンタクはロウソクの火を吹き消します。

次の瞬間、見知らぬ男(シン)が目の前に現れます。これは、トッケビの中でも名場面といわれるシーンですよね。

また、3話で落ち込んでいるウンタクの元へ、シンが現れるシーンでも登場しました。

こちらもシンが叔母一家や学校のことで落ち込むウンタクを慰める、印象深いシーンですよね!

スポンサーリンク


トッケビのロケ地の海岸の場所はどこ?

トッケビで海岸のシーンを撮影したのは、江原道(カンウォンド)江陵(カンヌン)市の注文津(チュムンジン)海岸にある、注文津(チュムンジン)防波堤です。

実はトッケビのドラマが終了してからは注文津(チュムンジン)防波堤は、人気のスポットにもなっているようですね!

なんと防波堤の近くには、ドラマに関係したアイテムがレンタル出来るお店があるそうです。ちなみに1個1,000ウォン程度でレンタルが出来ます。

レンタルできるアイテムは、ウンタクのマフラーやシンがさしていた黒い傘、シンがウンタクに渡したそばの花束などがあります。

これで、ウンタクやシンになりきって写真を撮ることが出来ますね!

ちなみに、注文津(チュムンジン)海岸は、世界的にも人気のボーイズグループBTSのアルバム「YOU NEVER WALK ALONE」のジャケット撮影でも使われていました!

歩いてすぐの場所にあるそうなので、トッケビのロケ地を楽しみながら、BTSの撮影スポットに足をのばすこともできます。

韓国好きなら是非一度は行ってみたい場所ですね!

スポンサーリンク


トッケビのロケ地の海岸への行き方は?

トッケビの海岸のロケ地の注文津防波堤はソウルからだと、バスをメインで行く方法と電車をメインに使う方法のどちらかで行くことができます

ソウルからバスメインで注文津(チュムンジン)海岸へ行く方法は?

まず、地下鉄4号線のソウル駅から忠武路(チュンムロ)駅に向かいます。そして地下鉄3号線に乗り換えます。

地下鉄3号線の忠武路駅から南部ターミナル駅に向かいます。だいたい所要時間は30分程度です。ちなみに地下鉄の運賃は合計して1,350ウォンくらいになります。

そして、ソウル南部ターミナル駅からは注文津行きの長距離バスに乗車します。すると2時間半程度で注文津市外バスターミナルに到着します。バス運賃は16,700ウォンくらいです。

合計すると3時間程度で合計18,050ウォンくらいです。

ソウルから電車メインで注文津(チュムンジン)海岸へ行く方法は?

まず、KTXでソウル駅から終点の江陵(カンヌン)駅まで行きます。所要時間は1時間半程度です。また、KTXの料金は27,600ウォンくらいになります。

江陵駅からは駅前のバス停から一般バスの300番に乗り注文津海岸バス停まで向かいます。所要時間としては1時間程度で、バス運賃は1,200ウォンくらいです。

合計すると2時間半程度で28,800ウォンかかることになります。

時間としてはKTXを使う方が30分ほど早く、料金は逆にバスをメインに使ったほうが約10,000ウォンほど安いことになります。

ですので、その時の気分に合わせて長距離バスで行くのもよし、韓国の新幹線といわれるKTXで行くのもよしということですね!!

ここまで、トッケビで印象深いシーンとして有名なロケ地である注文津海岸にある、注文津防波堤を紹介してきました。

注文津海岸は、白い砂浜が広がる、美しい海岸です。

また、新鮮な海産物を手頃な料金で楽しめます。

春にはサンマ、夏にはイカが、秋・冬にはフグやイカナゴが多く水揚げされます。

海を挟んで反対側には刺身店や刺身センターも軒を連ね、おいしい刺身を味わえます。

ロケ地を楽しみつつ1泊しておいしい海鮮グルメを楽しむのもいいかもしれませんね!

タイトルとURLをコピーしました