太陽を抱く月のあらすじ 13話「ただひとつの望み」の見どころはここ!

太陽を抱く月 あらすじ

韓国ドラマ「太陽を抱く月」の第13話「ただひとつの望み」のあらすじと見どころを紹介します。

前回の12話ではついにフォンが夜伽の日を迎えることになりました

フォンはウォル(ヨヌ)への想いもあったため、今まで夜伽を拒んできました。しかし、自分の王としての立場を考えればそういうわけにもいかないのも確かです。

さて、13話ではどのような展開を迎えることになるのでしょうか?

こちらの記事では「太陽を抱く月」の13話のあらすじを紹介していますが、この記事とは別に「太陽を抱く月の13話のドラマ本編の動画が少し気になる…」というあなたのために耳寄りな情報があります!

「太陽を抱く月」の13話のドラマ本編の動画が気になるあなたにおすすめの情報はコチラ!

スポンサーリンク

太陽を抱く月の第13話「ただひとつの望み」の内容は?

それでは早速「太陽を抱く月」の13話「ただひとつの望み」のあらすじを紹介しましょう!

夜伽の失敗

フォンの夜伽が始まるや否やとある異変が起きます。それはフォンが胸の痛みを感じて、そのまま気を失ってしまったことでした。

当然ながら宮中の星宿庁では夜伽の成功を祈っていました。しかし、ヘガク道士がノギョンからヨヌの死の真相を聞くと、少し状況が変わります。ヘガク道士はフォンとヨヌの復縁を願い、夜伽を阻むための儀式を始めていました。

その一方でウォルは宮中の庭で陽明君の告白を受けていました。しかし、ウォルは

巫女としての境遇を不憫に思ってくれた気持ちだけ受け取ります

と答え、陽明君の告白を断ります。

ちょうどそのとき、ウォルはフォンが倒れたという知らせを聞きます。ウォルは慌ててフォンの寝所に向かいました。

呪いと企み

大妃とフォンの母はボギョンを見舞っていました。二人はボギョンが夜伽が失敗に終わったため、落胆しているだろうと考えていました。

するとボギョンは大妃とフォンの母の二人に夜伽の前日に白装束の女の夢を見たと告白します。ボギョンは

夢の中で白装束の女は『自分が王さまの寝所を守る。お前は世継ぎを生むことは出来ない』と言いました。

自分がそんな夢を見たのは魔除け人がフォンを誘惑しているという噂を耳にしてからです

と話しました。

一方で義禁府は夜伽の責任者の観象監の王医を調べていました。するとフォンの体調の急変が呪いによるものであることが分かりました。

ユン大臣とユン派の臣下たちはそのことを聞くと、フォンの呪いの罪を魔除け人のウォルに被せることにしました。

濡れ衣と思わぬ救い

フォンが倒れて数日後に義禁府はフォンに呪いをかけた罪でウォルを捕らえます。

そこにユン大臣がやって来ます。ユン大臣はウォルに

王と情が通じていたと認めれば助けてやる

と取引を持ちかけます。

ユン大臣はフォンが新しい勢力にと考えている学士とフォンの間を裂こうとしていました。「フォンは不貞を働く王」と学士たちを失望させようとしたのです。

しかしウォルはそれを受け入れませんでした。こうしてユン大臣との交渉は決裂します。

そしてウォルの尋問が始まりました。ウォルへの尋問はまさに拷問そのものでした。それこそ尋問している臣下本人が目をそむけたくなるほど熾烈を極めました。

それでも、ウォルは断じて自分は呪いなどかけていないと自分の意志を曲げることはしませんでした。

フォンはウォルの尋問の知らせを聞くとすぐに尋問場に向かおうとします。しかし、自分が動く事で、却って事態を悪化させると考えると思いとどまることにしました。

その代わりフォンは大妃を説得し、ユン大臣に尋問をやめるよう命令してほしいと頼みました。

激しい拷問が続く中、尋問場に現れたのは陽明君でした。陽明君は夜伽の夜、ウォルと一緒にいたとアリバイを証言します。

王族が巫女と一緒にいることが明らかになれば陽明君自身に謀反の疑いがかかる可能性もあります。しかし、陽明君はあえてその危険を承知でウォルの無実を主張します。

ウォルは陽明君にいらぬ疑いが掛からないように

自分が陽明君を呼び止めた。

陽明君には昔助けてもらった恩もあり、巫女の生活の苦しさから逃れるために宮中から逃がして欲しいと頼んだ

と嘘の証言をしました。

こうして陽明君によってウォルのアリバイは無事証明されました。また一方でフォンの働きにより大妃はユン大臣にウォルの尋問の中止を命令しました。その結果、ウォルはようやく尋問から解放されました。

スポンサーリンク

太陽を抱く月の第13話「ただひとつの望み」の見どころは?

「太陽を抱く月」の13話の見どころといえば、やはり「ウォルの尋問のシーン」だと思います。

ウォルの尋問のシーン

太陽を抱く月はあくまでフィクションであるとは分かっています。

それでもこのシーンでは「人間の正義とはこれだ」というのが描かれています。

ウォルは尋問のシーンでは身体的にも精神的にも限界まで来ていました。しかし、そんな中にあっても機転をきかせて、陽明君とフォンを守ります。まさにウォル(ヨヌ)が主人公として輝く場面がここであるとも言えるでしょう。

13話では主人公たちが周りの悪人に追い詰められていた状況ですが、今後どのように好転していくのかが非常に気になります。

最後まで「太陽を抱く月」の13話のあらすじの記事をご覧いただきありがとうございます!

そんなあなたに耳寄りな情報があります。なんと、太陽を抱く月の1話から最終話まで日本語字幕で無料で見られる方法があるんです!

その方法、気になりませんか?

太陽を抱く月の1話から最終話まで日本語字幕で無料視聴する方法はコチラから!!

タイトルとURLをコピーしました