麗 1話のあらすじを紹介!超オススメな見どころシーンはコレ!

麗 あらすじ

韓国ドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち」の第1話のあらすじをネタバレなしで紹介します!

「史上最高の美男(イケメン)王宮ロマンティック・ラブコメディ」というテーマの通り、見どころは何と言ってもヒロインと8人の皇子との関係でしょう!!

もちろん、8人の皇子はイケメンぞろいということだけあって、最終的にどの皇子と結ばれるのかも非常に気になりますよね!

今回はそんな麗の第1話のあらすじだけではなく、見どころを私なりの感想で紹介していきますね!!




スポンサーリンク


麗1話のあらすじは?

災難続きの主人公に襲い掛かる次なるハプニング!!

物語は現代から始まります。

恋人に借金を押し付けられた上に、自分の友達と一緒に逃げられ、生きる気力を失っていた主人公コ・ハジン。

公園で焼酎片手に涙を流していたところ、目の前の湖で子供が溺れているのを発見します。

その子を助けようと飛び込んだハジンは、子供を助けることはできたものの、自身はそのまま湖に沈んでしまいます。

ハジンの運命は?ここはどこ!

ハジンが目を覚ましたのはまさかの高麗時代。彼女はタイムスリップし、しかも16歳のへ・スに変身していたのでした。

高麗時代に来てしまったことを悟ったものの、自分がコ・ハジンなのかへ・スなのか大混乱。

そんな彼女に救いの手が差し伸べられます。

帰ってきた狼犬

そのころ高麗時代では、第4皇子であるワン・ソが久しぶりに都に戻ってくるところでした。

都の行事のために戻ってきたワン・ソ皇子でしたが、狼犬と呼ばれ民からも恐れられているワン・ソ皇子は養子先の信州には二度と戻らないと乗ってきた馬を切りつけます。

顔の傷を隠すため仮面を被っているワン・ソ皇子は母親に会ってもらうこともできず、顔を切りつけられた過去を思い出していました。

一方、高麗の天文官ジモンの元に集まっていた。6人の皇子達。

ワン・ソ皇子の噂をしていたところに、本人が現れ、第一皇子以外の7人の皇子達がここで初めて対面します。

スポンサーリンク


麗1話の見どころを感想で紹介!


実は私自身時代物のドラマはそんなに好きではないのですが、現代からタイムスリップという設定なので、入りやすいかなと思い見はじめました。

現代のシーンから始まったものの、事実に基づいたストーリーということなので、結構ちゃんと高麗時代の歴史に沿った内容なのだなというのがまず印象としてあります。

主人公がタイムスリップし、自分がいるのが松獄だと聞いて、ということはここは高麗時代?と気づくのですが、これすごくないですか?

ということは、今の王は誰?と自ら質問し、高麗時代を建国した皇帝の名前思い出すのです。

この主人公、化粧品の販売員だったのに歴史に詳しいなと思うのはわたしだけでしょうか。

自分がタイムスリップしてきて、まず王の名前聞くってレベル高いですよね。

私がもしタイムスリップしたとしても自分が何時代にいるかわかる気がしません。

このドラマの魅力の一つはやはり8人のイケメン皇子の豪華さだと言えると思います。

ほぼ全員主役級の若手俳優さんの中に世界で人気のアイドルもいるわで、第一話の段階では、え、これもしかして全員と恋愛関係になるとかではないよね?と思ってしまう程です。

それを踏まえたうえで、この第一話は何と言っても主人公へ・スが湖に落ちて、高麗時代にやってきたシーンが衝撃的でした。

水繋がりということなのだと思いますが、まさかの茶美園という皇子達が入っているお風呂の中からの登場。

このシーンではもちろん皇子達の素晴らしい肉体美が見られます。

心なしかお世話役の女性の方も幸せそうな表情に見えます。

みんなでお風呂ってすごく仲の良い皇子たちなのだなとか平和に見ている場合ではありません。

これはもはや、この肉体美を見せつけたいだけ、そしてお気に入りの皇子を見つけようのシーンとしか言いようがありません。

皇子たちがイケメンなのもさることながら、主人公演じるIUちゃんの可愛いこと。

水の中から出てきてこんなに可愛い女性っているんですね。

出てきたと気にはもうすでに姿はへ・スだったのですが。高麗時代の衣装と髪型がすごく似合っていて、個人的には現代のコ・ハジンよりも黒髪ロングのへ・スのIUちゃんの方が彼女の肌の白さと華奢さが際立っていて好きです。

このイケメン皇子達と主人公の出会いのシーンとは全く違う空気感なのが、第4皇子のワン・ソ皇子の登場シーンです。

まさかの馬を切りつけるシーンから始まったので、ただならぬ雰囲気。

なんかヤバいやつがやってきたなと思ったら、なんだかワン・ソ皇子がかわいそうと思える切なくなるシーンもあって、この皇子は一体良いやつなのか悪いやつなのかがわからず。

え、さっきのほがらかなお風呂のシーン何だったのだ、このドラマどっちの方向に進むつもりだと思わせる展開。

ワン・ソ皇子を演じるイジュンギの演技が仮面を被っていて、顔半分見えてないはずなのに、表情が見えるというかオーラがすごくて、さすがインジュンギといった感じですね。

普段のイジュンギとは全く違うちょっと闇を抱えている役がすごく自然で惹きこまれます。

イジュンギの声もすごく良くて、ちょっと役に合わせて低めに喋っている感じがしますね。

このワン・ソ皇子とヘ・スの衝撃の出会い。

このシーンも見逃せないのですが、それと対照的なワン・ウク皇子との出会いのシーンも素敵でした。

まだまだ第一話ということでストーリーてきには登場人物の紹介と設定ぐらいの内容だったかなとは思いますが、主要の皇子と主人公以外の出演者もみんな一度は他のドラマで見たことある!という人が多いかと思いますし、ちょっと皇子の名前が人数多くてしかもみんな似ているから覚えにくいけれど、時代もののドラマが苦手な人でも見やすい内容なのかなと思いました。

第2話にも期待です!!

タイトルとURLをコピーしました