オレのことスキでしょ あらすじ 7話 片想いの終わり、そして…

この記事は約7分で読めます。

韓国ドラマ「オレのことスキでしょ。」の7話のあらすじを紹介します。

第6話ではシンの父親のヒョンスが亡くなってしまいました。

このときギュウォンは偶然シンとユンスが一緒にいるところを目撃してしまい、何かを決意したようですね。

一体今後ギュウォンはどのような行動を起こすのでしょうか?

それでは早速「オレのことスキでしょ。」の7話についてあらすじを見てみましょう!

スポンサーリンク

オレのことスキでしょの7話のあらすじは?

オレのことスキでしょ。7話
↑↑↑ 画像をクリックすると「オレのことスキでしょ。」の第7話の動画の視聴ページにリンクします

片想いの終わり

ギュウォンのおじいさんはずぶ濡れで帰ってきた孫の姿を見て心配になります。

ギュウォンはおじいさんに一言
大丈夫
と伝えるとそれ以上は何も話しませんでした。

一方、シンは家に帰ると、母親に恋人を捨てるほど父親が好きだったのかと聞きます。

シンの母親は息子に父親の事が好きだったと答えます。

それを聞いたシンは母親に
父親に会わせてくれてありがとう
と感謝の言葉を言います。

翌朝、シンはユンスに傘を返しに行きます。

するとシンは偶然ソクヒョンに会います。

シンは
自分の代わりにユンスに傘を返しておいてほしい
とソクヒョンに頼みます。

シンが自販機でジュースを買っているとたまたまギュウォンの友達がやってきました。

シンはギュウォンの友達から、雨の中ギュウォンがネックレスを遅くまで探していた事を聞きます。

ギュウォンは雨に濡れたため風邪をひいて学校を休んでいました。

次の日、ギュウォンは見つけたネックレスをシンに返します。

ギュウォンはシンに
あなたの事はもう忘れる
と告げます。

シンはギュウォンにネックレスを探してくれてありがとうと言います。

ギュウォンの新たなスタート

ギュウォンが校庭を歩いているとソクヒョンが声を掛けてきました。

そのまま二人はコーヒー店に向かいます。

するとソクヒョンはギュウォンに劇団の主役のオーディションがあることを話します。

ギュウォンは
自分に主役は無理だ
と言います。

けれどソクヒョンはダメもとでオーディションを受けるように言います。

ギュウォンが学校へ戻ると、音楽のホン教授から呼び出しを受けます。

ギュウォンはホン教授からシンに国楽を教えるように頼まれます。

シンは劇団のテーマ曲を作る事と、留学の為に経験を積むのも大事だと言われ国楽を学ぶことにします。

ギュウォンとシンは二人で図書館へ向かいます。

ギュウォンはシンに国楽の本を何冊も持たせます。

図書館を出た二人はお互いのチームでセッションをすることにします。

セッションが終わると二人は見つめあいます。

ギュウォンが校舎から出るとギュウォンの父親が待っていました。

ギュウォンは父親に主役のオーディションがある事を相談します。

父親の後押しもありギュウォンは主役のオーディションに出る事を決めます。

次の日、シンのバンドとギュウォンの国楽のメンバーは一緒に練習をします。

ギュウォンの国楽メンバーとシンのバンドはセッションの練習で仲良くなります。

セッションが終わりみんなで食事をすることになりました。

シンは、初めは行かないと言いましたが皆で説得しシンも一緒に行く事になります。

焼き肉を食べるギュウォンの姿を見てシンは食べ過ぎだと注意します。

食事のあと、もり上がった皆はカラオケに行く事になりました。

シンはカラオケで楽しそうにしているギュウォンをずっと見つめます。

はしゃぎ過ぎたギュウォンは具合が悪くなり部屋を出ます。

それを見ていたシンは後を追います。

トイレに駆け込み吐いているギュウォンをシンは優しく介抱します。

ギュウォンとシンは皆より先に帰る事にしました。

バスが到着するとシンも一緒にバスに乗り込みます。

ギュウォンはバスに乗ると寝てしまいます。

その姿を見てシンは微笑みます。

オーディションの結末

ギュウォンは父親に言われ劇団に出る事をおじいさんに黙っていました。

しかし主役のオーディションの前日になっておじいさんにバレてしまいました。

怒ったおじいさんはギュウォンを部屋に閉じ込めてしまいます。

劇団は100周年を記念して記者会見が開かれました。

ソクヒョンは会見で特別講演の開催とその特別講演の主役のオーディションを本日開催することを発表します。

しかし、オーディション前になってもギュウォンは会場にやってきませんでした。

その時はまだギュウォンは部屋から一歩も出られない状況だったのです。

ソクヒョンは心配になり、ギュウォンに電話をかけます。

しかし電話はすぐに切られてしまいました。

既におじいさんがギュウォンのケータイを取り上げていました。

ソクヒョンはギュウォンの家に向かいます。

しかしおじいさんはソクヒョンをギュウォンに会わせようとせずそのまま追い返します。

そこへシンがやってきます。

シンは妹に頼んでギュウォンを部屋から出すことを考えます。

シンの妹は兄にお小遣いをもらうと快くギュウォンの部屋からの「脱出」を手伝います。

ギュウォンは急いでオーディションの会場に向かうことにします。

しかし、オーディションの開始時間はすぐそこまで迫っていました。

ギュウォンはどうやって学校に行こうか悩みます。

するとシンがギュウォンを家の前で待っていました。

シンはギュウォンを自転車の後ろに乗せると、急いでオーディションの会場へ向かいます。

シンのおかげでギュウォンは何とかオーディションに間に合うことができました。

ギュウォンはシンにお礼を言って会場へ入ります。

ギュウォンは気持ちを込め一生懸命に歌います。

シンはギュウォンの歌に聞き入ります。

ギュウォンの歌が終わると審査員が匿名で投票します。

投票が終了しギュウォンは緊張しながら発表を待ちます。

オーディションの結果残念ながらギュウォンは主役に選ばれませんでした。

主役に選ばれたのはヒジュでした。

ギュウォンが会場から出てくるとソクヒョンが話しかけてきます。

そして、シンがやって来ます。

シンはギュウォンに家まで送ろうと言います。

ソクヒョンはおじいさんからギュウォンが怒られるだろうと思い、自分が車で送ると言います。

ギュウォンはシンの申し出を断り、ソクヒョンに家まで送ってもらう事にします。

スポンサーリンク

オレのことスキでしょの7話のみどころは?


第七話のみどころは、ギュウォンの片思いが終わってしまうシーンです。

シンとユンスが一緒にいる姿を見たギュウォンは、

シンの事は忘れると言い片想いが終わってしまうところが切なく感じる方も多いのではないでしょうか。

誰でも失恋は悲しいですが、ギュウォンがとシンがこれからどうつながりを持って行くのかも気になります。

ギュウォンは主役のオーディションを受けることにしますが、ヒジュに負けてしまい主役にはなれませんでした。

しかし、今後のギュウォンの演劇での展開も気になるところです。

スポンサーリンク

オレのことスキでしょの7話のあらすじのまとめ

今回は第七話についてご紹介しました。

ギュウォンの切ない気持ちや演劇に対し頑張ろうとする気持ちがとても表れていると思います。

ユンスの事を諦めたシンと、シンの事を諦めたギュウォンの今後の展開が気になる方も多いと思います。

ギュウォンはシンに国楽を教える事になりますが、これからシンの気持ちがギュウォンにどう向いていくのか楽しみですね。

以上、「オレのことスキでしょ。」の第7話のあらすじでした。

最後までご覧いただきありがとうございました!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました