韓国ドラマ 宮の22話の動画は無料で見られる?サブタイトルに意外な真相!?

この記事は約5分で読めます。

韓国ドラマ「宮~Love in Palace」の22話の動画を無料で見られるのかを紹介します。

宮22話のサブタイトルは「秘められた過去」です。このサブタイトルの意味も非常に気になりますよね!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 宮の22話の動画の見どころは?内容をネタバレなしで紹介!


それではここで宮22話「秘められた過去」のドラマ本編の内容をネタバレなしで紹介しましょう!

チェギョンを助けるのは結局誰?

皇太后がチェギョンのソッコテジェという行動を止めさせるために、皇族を集めます。

そこで、ユルは真実を話してしまいます。皇太后はじめみんなが驚きの表情の中、ユルは続けて話します。

ユルの告白で真実を知ることができたので、皇帝はチェギョンを解放させるように指示します。

チェギョンは皇太子を待っていました。しかし実際迎えに行ったのは、ユルでした。

皇太子とチェギョンの関係はどうなってしまう?

チェギョンは自分を助けに来たのが皇太子ではなく、ユルだったことに怒っています。

皇太子自身はチェギョンを助けたい気持ちがありました。

しかし、一方にチェギョンに対して許せないことがあります。結局2人の距離は縮まらずぶつかります。

ユルに待っていた処置は?

ユルは真実を告白してから、自分がどのような対処をされるのか覚悟を決めていました。

しかし、皇帝から言われた処置に関しては受け入れない態度を示します。

皇帝はユルに対する処置を変えるつもりはありません。皇帝が決断した処置に対し、ヘジョンは怒ります。

更にチェギョンもその対処に納得がいきません。

皇太子妃チェギョンに降りかかる更なる困難とは?

ユルに対する処置をきっかけにまたヘジョンが裏で動きます。

ヘジョンの動きにより、政治家によりチェギョンに対するひどい内容があげられます。

その内容をきっかけに皇室も圧迫を受けます。

チェギョンが決断したこととは?

チェギョンは政治家に言われている内容を聞き驚きます。

弱気になったチェギョンは、周りが驚く決断をしてしまいます。

スポンサーリンク

韓国ドラマ 宮の22話の動画の感想は?


最後に「宮~Love in Palace」の22話の感想を紹介しますね!

チェギョンの行動に対する皇太子の思いに共感!

チェギョンは結局ユルによって解放されます。自分が決断してソッコテジェを始めたのに、大変だと言っているところにびっくりしました。

チェギョンは、皇太子が迎えにきてくれなかったことに、若干逆ギレしてしまいます。更に意地を張って皇太子に強く出るので、とても残念に感じます。

チェギョンが自分で決めた行動なのに、どうして皇太子を傷つけることばっかり言ってしまうのと思いました。

皇太子はそんなチェギョンに言う言葉も出ないですよね。皇太子の立場が切なく感じます。

チェギョンがとった行動に対しての皇太子の思いには共感しました。皇太子の方が傷がとても深いように感じます。

チェギョンが泣いてばっかりでイライラする!

チェギョンはどうして皇太后の質問にちゃんと答えないで、泣いているのか理解不能でした。

そしてとてももどかしかったです。明らかに皇太子のことを好いているのにも関わらず、どうして!?と思いました。

皇太子もチェギョンもお互い思いを確認出来たら、もどかしい場面には遭遇しないのかもしれません。

皇太子とチェギョンはお互い意地を張ったり、言葉足らずでなかなか近くなれていないです。それが原因でチェギョンは泣いてばかりいると思うんです。

肝心なところなのに…どうしてと、失望してしまいます。

皇太子の思いがチェギョンに届きますように…!

皇太子はチェギョンのことを完璧に愛していますよね。恋煩う皇太子に切なさを感じてしまいます。

それなのに、チェギョンは皇太子の思いをちゃんとわかっていません。皇太子が屋根裏で悩む姿は、可哀そうに感じてしまいます。

切実にチェギョンに思いが伝わればいいなぁと思いました。2人の幸せな姿が見たいです。

難関の連続に思わずため息が…

ユルへの処罰は決まり、ちょっとすっきりしたと思いました。

しかし、ユルへの処罰に対してのチェギョンの行動にも理解不能です。チェギョンは皇太子の前でユルに対する心配を堂々と話します。

皇太子もチェギョンの態度につっこむので、2人は言い争いになります。

2人が傷つけあう姿はもう見たくないと思いました。

そんな状況で、ヘジョンが裏で手を回し、ある計画をします。

その影響で、チェギョンの皇太子妃の位置が危うくなり、皇室も政治家からの圧迫を受けます。この展開にがっくりしてしまいました。

政治家の中ではユルの支持が高いので、この先の展開がどうなるのか気になります。

ヘジョンとユルの思惑通りにはなってはいけないと思います!ヘジョンがとても憎たらしくなります。

そんな難関の中、皇太子がヘジョンに向かっていく姿はかっこいいと思いました!皇太子よ、頑張ってと思いました。

ユルの思いが重すぎ

政治家からの圧迫もあり、チェギョンは先のことを考えます。

チェギョンは素直な気持ちをユルにちゃんと伝えます。

これでやっとユルはわかってくれるかなと思いましたが…ユルはチェギョンを想いすぎて、勘違いが多いようです。

チェギョンの素直な告白に対して、ユルが話す思いが重すぎました。好意というよりは、執着や欲心という感じがして疲れてしまいました。
美しい愛ではない感じがしました。

チェギョンの行動が軽すぎ

チェギョンはやはり幼い感じがします。周囲の影響を受けすぎだなと感じました。

皇太子妃という位置に対して気持ちが弱くなってしまう環境であることも理解します。

しかし、後先考えないで軽く行動しているようにも見えます。

そのようなチェギョンに残念な感じがしました。

最後のシーンの展開は何?もっと恐ろしいことが起きてしまうのでは…!?

皇太子がなんかの罠にかけられた!?と思う内容が起きてしまいます。

とてもソワソワしました。とても怪しい感じです。

皇太子はチェギョンを心配して行動しました。しかしそれをうまく利用しているような感じがして心が痛いです。

どうなってしまうのでしょう!!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました