麗(韓国ドラマ)のあらすじ 12話「恋の迷い」の行く末は?

この記事は約10分で読めます。

韓国ドラマ「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」の第12話「恋の迷い」のあらすじと見どころを紹介します。

前回の11話ではヘ・スにとって非常に悲しい出来事が起きてしまいましたね。まさか、オ尚宮まであのようなことになるとは予想だにしませんでしたよね…。

さて、今回12話のサブタイトルは「恋の迷い」です。やはり、前回のワン・ウクの行動がヘ・スの想いに何らか影響してしまったのでしょうか?非常に気になるところですね。

こちらの記事では「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」の12話のあらすじを紹介していますが、この記事とは別に「麗(韓国ドラマ)の12話のドラマ本編の動画が少し気になる…」というあなたのために耳寄りな情報があります!

「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」の12話のドラマ本編の動画が気になるあなたにおすすめの情報はコチラ!

スポンサーリンク

麗(韓国ドラマ)の第12話「恋の迷い」の内容は?

それでは早速「麗(韓国ドラマ)」の12話「恋の迷い」のあらすじを紹介しましょう!

ワン・ソの想いとヘ・スの結末は?

皇帝は、第4皇子ワン・ソにある命令を下します。それは後晋(唐)の勢力を視察するという内容でした。

ジモンは後晋は危険すぎると言ってワン・ソを引き留めようとします。しかし、ワン・ソは後晋行きの命令に従うことにします。

その代わりに、ヘ・スを茶美院(タミオン)において欲しいと条件をだします。

皇帝は、一度はワン・ソの提示した条件を受け入れます。しかし皇帝はワン・ソの条件をすぐに破棄しようとしていました。

ワン・ソが出立の準備をしていると、そこにヘ・スが現れます。

ヘ・スはワン・ソに「自分を忘れるように」と頼みます。そして

友情と愛情の区別を付けてください

と言うと以前ワン・ソから受け取っていた簪を返します。

ワン・ソはヘ・スにキスをして旅立っていきました。

やがてヘ・スは皇帝の命令によって皇宮から追い出されます。ヘ・スはジモンに見送られながら、ひっそりと皇宮を後にするのでした。

皇后ユ氏とヨナ皇女の密談の内容は?

ヨナ皇女は皇后ユ氏の元を訪れていました。

皇后ユ氏はヨナ皇女にお前とは仲良くなれそうだと好意的に接します。

しかし、ヨナ皇女は

皇后ファンボ氏がオ尚宮の流産の責めを受け流刑になった事件を覚えています。
二度と母を跪かせないで下さい

と冷たく言い捨てると部屋を立ち去りました。

第3皇子ワン・ヨはその様子を見ていました。そして、ヨナ皇女に関心を示します。

しかし、皇后ユ氏はヨナ皇女は危険だから距離を置いたほうがよいとワン・ヨに忠告をします。

次期皇帝の座は誰のもの?

ヘ・スが皇宮を去ってから一年が経ちました。

現皇帝の太祖は在位26年目を迎えました。皇帝は、この先に王になるものが守る教訓として「訓要十条」を布告します。

ワン・ヨは豪族を味方につけて次期皇帝を狙っていました。

第14皇子ワン・ジョンは、そんな兄ワン・ヨと母・ユ皇后から距離をおいていました。このときワン・ジョンはたびたび第8皇子ワン・ウクと行動を共にするようになっていました。

一方の正胤第1皇子ワン・ムは、兄弟での争いを心配していました。

そんなある日ウヒは、皇帝暗殺を想定し剣舞の練習をしていました。第13皇子ペガはもちろんウヒがそんなことを企んでいることを知りません。そのため、ウヒの剣舞の間違いを指摘するほどでした。

ペガは

夫人が食事を用意しているから帰る

と言ってウヒをからかいます。

ウヒは「あなたは結婚してるの?」と心配になります。するとペガは「父の夫人だよ」と答えてその場を立ち去りました。

ワン・ヨはヨナ皇女の元を訪れます。そして指輪を差し出すと

俺が皇位についたらお前を皇后にしよう

と言いました。

そこへ、ワン・ウクが現れます。そして、ワン・ヨと結託していると噂になるのは困ると言います。

するとワン・ヨは

お前は正胤ではなく俺を擁護すると約束した。
それを忘れるな!

とワン・ウクに念押しをします。

するとワン・ウクはワン・ヨに「わかっております」と答えました。

へ・スは皇宮から去りその後どうなった?

ヘ・スは皇宮から追い出された後、ムスリ(雑事を担当する下女)として働いていました。そしてムスリ達から「オ尚宮を殺した」と言われ、いじめられる日々を送っていました。

ある日、ワン・ウクはそんな惨めなヘ・スの様子を陰から見ていました。しかし、何もできずそのまま立ち去ってしまいました。

その日の夜のこと、ヘ・スが川辺りでおむすびを食べていました。するとそこにワン・ウクが現れます。

ワン・ウクは

私は皇帝の怒りを恐れてオ尚宮も君も助けられなかった駄目な男だ

と言って涙を浮かべながらヘ・スに詫びます。

ヘ・スはワン・ウクに「私に会いたかったのですか?」と尋ねます。するとワン・ウクはヘ・スに「いつも恋しかった」と返事をします。

ヘ・スはそれを聞くと「それなら…、もう充分です」と答えました。

ワン・ウクはヘ・スに「これ以上私にすまないと思わせないでくれ」というとその場を立ち去るのでした。

ワン・ソが反逆!?皇帝の真意は?

ワン・ソはパク・スギョン大将軍と共に後晋から皇宮に戻ってきました。

そして皇帝に

後晋は王が代わり契丹と戦うつもりです。
しかし、王位継承などの内紛もあり勝ち目はないでしょう

と報告します。

すると皇帝は今後はワン・ソに契丹に行くように命じます。

しかし、ワン・ソは

ヘ・スを皇宮におくという約束を守って頂けなかったのでお断りします

と答え、皇帝の命令を拒否します。それは皇帝がヘ・スを茶美院に置くという条件を破棄したからです。

ワン・ソは皇帝と口論となり、出ていってしまいました。

しかし、皇帝はワン・ソが出ていった後にスギョンとジモンの二人に

ワン・ソがあのレベルになってこそ、私は平和に死ねるというもの……。
例の準備をしろ!!

と命じます。

ワン・ソは、ヘ・スの元に向かいます。その時へ・スは洗濯を干していました。

ワン・ソはヘ・スを見つけると、後ろから抱きしめます。ヘ・スはワン・ソを仮面を着けているのを見て心配します。

しかしヘ・スはその気持ちを隠します。そして、「ワン・ソに会えば忘れたいことも思い出してしまう」と言うと立ち去ってしまいました。

皇帝がヘ・スに伝えたかったこととは?

皇帝は医者の診断を受けていました。医者が皇帝の脈を見ようとしたとき、皇帝は「自分の状態ならわかっている」と告げます。

医者が去った後、ジモンは「新しい女官が入れた新しい配合の茶です」と皇帝にお茶を勧めます。皇帝はそのお茶を一口飲んだ瞬間にヘ・スが入れたものであることに気づきます。

皇帝はヘ・スを呼び出します。ヘ・スは皇帝の様子を見ると、皇帝の死期が近いことに気づきます。

皇帝もヘ・スがジモンと同様に未来が見えることを知っていました。

ヘ・スは皇帝に「ここで生きて行く自信がない」と言います。

すると皇帝は、

未来に関わりすぎて今自分にある物を失うな。
スヨン(オ尚宮)が娘と呼んだお前は、私にとっても娘だ。
だから、あえて忠告させてもらった

と答えます。

まさかの修羅場!?ワン・ソの求婚にヘ・スの答えは?

ワン・ソは庭でヘ・スを待ち伏せていました。

ワン・ソはヘ・スを見つけるやいなや

私と結婚しよう。
そうすれば2人で皇宮から出られる

と言ってプロポーズします。

ヘ・スは「もし貴方様が皇帝になったとしても皇宮を去るのですか?」と聞きます。

するとワン・ソは、

私は誰にも邪魔されることなくずっと穏やかにお前といたい。
そうでなければ皇帝になるなど全く意味は無い

と答え、ヘ・スに簪を握らせます。

そこへワン・ウクがやってきます。ヘ・スはワン・ウクを見ると思わずその場は逃げ出してしまいました。

ワン・ソはヘ・スを追いかけようとしますが、ワン・ウクに止められてしまいます。そして、2人はつかみ合いの喧嘩になってしまいました。

皇帝暗殺未遂!?咄嗟のペガの行動とは?

ウヒは和平の宴に向けて剣舞の練習をしていました。

ある日、ウヒは練習中に倒れてしまいます。ペガはたまたまそこにいました。そしてすぐにウヒの下に駆け寄ります。

するとペガはウヒの手首に無数の切り傷があることに気づきます。ペガはその傷を見ると思わずウヒを抱きしめてしまいます。そして、

お前を幸せにしたい

と告白します。

しかし、ウヒは「あなたには私を幸せにできない」と突き放し、その場を去っていきました。

一方皇帝は体調が優れないのにも関わらず、和平の宴に出席しようとしていました。ワン・ヨは皇帝に休むように促します。しかしワン・ウクは逆に

これはあなたの悪い噂を打ち消して、自らが健康であると見せつける良い機会です

と皇帝の出席に賛成します。

実はそれはワン・ヨとワン・ウクの2人が示し合わせた策略でした。

もちろん皇帝はそんなことは知らず、和平の宴ヘ向かいます。和平の宴ではいよいよウヒの舞う群舞が始まろうとしていました。

ペガはウヒの踊りを見つめるうちにあることに気が付きます。どうもウヒは皇帝に剣を向けようとしているようです。

ペガはそれに気づいた瞬間にすかさず飛び出し、ウヒの剣を体で受け止めるのでした。

スポンサーリンク

麗(韓国ドラマ)の第12話「恋の迷い」の見どころは?

それではここで「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」の12話の見どころを紹介しますね!

皇帝ワン・ゴンの命令に対してワン・ソが条件を提示するシーン

このシーンでは、ワン・ソは皇帝の後晋行きの命令を承諾する代わりにヘ・スを茶美院(タミオン)において欲しいと頼んでいました。

ワン・ソが非常にヘ・スに深い愛情を持っていることが感じられるシーンでしたね。

ただし、この後皇帝はワン・ソの条件を反故にしてしまいます。このときの皇帝の真意を考えると非常に深いですよね…。

※皇帝が自分の死期を悟り、後継者と認めたワン・ソにあえて試練を与えているように見えるのは私だけでしょうかね?

ペガとウヒの微妙な恋心

ウヒは皇帝暗殺の機会を着々と伺っていたようですが、その一方でペガに対する想いを深めていったようにも見えます。

ペガの

俺が皇位についたらお前を皇后にしよう

の言葉といい、それに対するウヒの反応といい、二人が互いに気になりながらも想いをなかなか打ち明けられない微妙な恋心が感じられますよね。

また、その後ペガはウヒに告白をしていますね。

このときも結局ウヒはペガを拒絶するも、一度は躊躇していました。

今回12話のラストではペガはウヒと皇帝のために自分の命をかけました。この行動によってペガとウヒの関係がどうなっていくのかが非常に注目したいですよね!

※もちろん、ウヒの処遇そのものも非常に気になるところですが…。

へ・スとワン・ウクの関係

やはり前回の一件でへ・スとワン・ウクの関係は非常に気まずくなってしまったようですね…。

見たところ2人にはお互いに想いは残っているようにも見えます。

※ワン・ソがヘ・スに求婚したときは、ワン・ウクとワン・ソがつかみ合いの喧嘩にまで発展したほどですしね(汗)

しかし、へ・スは母親のように慕っていたオ尚宮を失ってしまいました。

それに対して何もできなかったワン・ウクにはやはり何かしら思うところがあるのは仕方がないかもしれません。

ワン・ウクはワン・ヨと手を組んでしまいました。こうなるとヘ・スとワン・ウクはもうやり直せないようにも感じますよね…。

皇帝とへ・スの関係

それまでの皇帝はヘ・スを邪険していた感が強かったようにも感じます。

※まあ、以前へ・スが皇帝との婚姻を全力に拒否していたこともありましたね。だから因縁があるとも言えるのですが…

それだけに今回12話での皇帝とヘ・スのエピソードは非常に印象的でした。

このシーンでは、皇帝はヘ・スに

未来に関わりすぎて今自分にある物を失うな。

という言葉を残しています。

実はこの言葉は、今後ヘ・スが物語の中で何度か思い出すことになります。そして、人生の大事な選択をするときに道しるべともなります。

また、皇帝は

スヨン(オ尚宮)が娘と呼んだお前は、私にとっても娘と思う

とも言っていました。これは皇帝が亡きオ尚宮のことを想っていたことが垣間見えるシーンでしたね。

最後まで「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」の12話のあらすじの記事をご覧いただきありがとうございます!

そんなあなたに耳寄りな情報があります。なんと、麗(韓国ドラマ)の1話から最終話まで日本語字幕で無料で見られる方法があるんです!

その方法、気になりませんか?

麗(韓国ドラマ)の1話から最終話まで日本語字幕で無料視聴する方法はコチラから!!

麗 あらすじ
スポンサーリンク
handrerをフォローする
韓国ドラマのおすすめ最新情報~韓ドラー~
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました