美男ですねの動画を1話から無料で見たい!一番のオススメは?

この記事は約5分で読めます。

韓国ドラマ「美男<イケメン>ですね」の動画を無料視聴する方法について紹介します!

「美男ですね」は日本リメイク版、台湾リメイク版が登場するほど話題作ですが、やはりオリジナルの韓国版を1話から見たい!という人は結構多いのではないでしょうか?

そこで今回は韓国ドラマ「美男<イケメン>ですね」を1話から無料で見られる超オススメをあなただけにお届けしますね!!

スポンサーリンク

美男ですねの1話の動画の無料視聴で見どころは?ネタバレなしであらすじを紹介!

「美男ですね」は韓国で2009年10月から放送されたドラマです。

修道院でシスターになる修行中のコ・ミニョ(パク・シンヘ)のところに、突然やってきたのは人気イケメンバンドのマネージャーでした。

この人気バンド「A.N.JEL」に追加加入する事になった双子の兄コ・ミナムの代役として、契約書にサインして欲しいと言うのです。

断れなくなってしまったミニョはマネジャーに連れられ、男装して事務所に行きますが、「A.N.JEL」のリーダー、ファン・テギョン(チャン・グンソク)は大反対です。

実力を見せろ、とメンバー達の前で歌うように強要されますが、ここで歌うミニョの賛美歌が天使の歌声で、メンバーも認めざるを得なくなりました。

ミニョは、サインはしたものの、シスターになるためローマに向かおうとしますが、なぜか、空港でバンドのメンバー達に出会ってしまい、足止めされてしまいます。

有名になれば、行方不明の母が見つかるかもしれないという兄の夢を聞かされ、事務所に内緒でアメリカで入院した兄が帰国するまで、身代わりをして欲しいと言われます。

結局、コ・ミニョは男装しコ・ミナムとして、メンバーたちと一緒に協同生活をする事になってしまうのです。

そして歓迎パーティーで、酔ったコ・ミナムは大変な事をしてしまいます…。

それは一体なんでしょうか?

スポンサーリンク

美男ですねの1話の動画の無料視聴の感想は?オススメも紹介!

韓国ドラマ「美男ですね」は日本にチャン・グンソクを知らしめた、彼の大ヒット作です。

「冬ソナ」世代より若い世代や、それまで韓流に興味のなかった人たちも、この作品で虜になった人が大勢います。

そして、ジャニーズの玉森くん主演で、2011年に日本でもドラマ化されましたね。

可愛いパク・シンヘ演じるコ・ミナムが、どう見ても男の子には見えない?とか、そもそも「美男か?」というツッコミは置いておいて。

見れば見るほど、沼にハマっていきました。

最初に、韓国で放送されているオリジナル・バージョンを見たので、日本で放送されたものとは、バックで流れる曲とかが一部違っていて、あ、ここの曲が違う!とか探したものです。

A.N.JELのメンバー、ジェルミ役は「FTIsland」のボーカル、イ・ホンギで、カン・シヌ役ジョン・ヨンファは当時はまだデビュー前だったけれど、「CNBLUE」のリーダーです。

コ・ミナム役のパク・シネもOSTを歌っているし、もちろんファン・テギョン役のチャン・グンソクも、この役以降、日本でCDデビューするほど、全員歌えるメンバーなのです。

日本のドラマでは、主題歌以外に、登場人物の役者が挿入歌などを歌う事は、そう多くないように思いますが、このドラマは、出演者本人が歌っているものが多いです。

なので、劇中出てくるライブシーンも楽しみの一つです。

このドラマ撮影の時には、ジェルミ役のイ・ホンギ「FTIsland」のファン達がエキストラをやって、ライブシーンの撮影をしたそうです。

そして、この撮影当時、出演メンバーたちは皆、二十歳そこそこの一番キレイな時期でしたし、それぞれのキャラクターが皆違うので、ハマる相手が色々で、そこも楽しみの一つです。

A.N.JEL合宿所が素敵

1話ではメンバーが協同生活する合宿所が出てきますが、これがなかなかしゃれた作りになっています。

実際、K-POPのメンバーは、練習生時代が長く、ずっと協同生活をしながら練習したり活動する事がほとんどのようなのです。

このドラマで人気が出たカン・シヌ役のジョン・ヨンファが、のちに韓国の人気バラエティー番組「私たち結婚しました」で「少女時代」の末っ子ソヒョンと共演していますが、そこでも「少女時代」の協同生活のことが出てきたりします。

さて、このA.N.JEL合宿所では、コ・ミナムがいろいろやらかしてくれます。

完璧主義、潔癖すぎのテギョンさんには天敵のようなコ・ミナムです。

テギョンさんの部屋のトイレルームも出てきますが、なかなかしゃれたトイレでした。

ただ、残念なことにこの合宿所は、今はもう取り壊されていて、ロケ地めぐりでも見ることはできないそうですよ。

ロケ地は、探せばあちこち沢山出てくるので、いつか行ってみれたら良いですね。

最初に出てくる教会も、ツイッターで見かけました。

日本と違う放送時間

ちなみに、韓国ドラマのCMは最初と最後だけのため、時間が各話で違っている事が多いのです。

実際は韓国放送版の1話は66分だったりします。

途中で中断される事が無い分、集中して見れるようになっているのですが、日本で放送される時にはCMと放送時間の関係で、どうしてもカットされる部分が出てしまいます。

なので、このドラマも元は16話ですが、日本でなるべくカット部分を少なく放送するために、24話で放送された事もありました。

歓迎パーティーシーンにはカメオ出演も

1話最後のパーティーシーンでは、当時のK-POPの「アフタースクール」などがカメオ出演で歌っているのですが、日本版ではなぜか曲は差し替えになっています。

このドラマは、音楽ドラマとも言える部分があるのに、日本と韓国の著作権の違いなのでしょうか、どうしても日本で放送する時には使えない曲があるようで、それが残念でした。

でも、そのお陰で、インターネットの検索や、ユーチューブなどを見れるようになったオバサン達が、私以外にも沢山いました。

私がこのドラマをはじめて見た時には、これは「冬ソナ」を超えるのでは?!と思って、沢山の友人に宣伝しまくったものです。

人の好みは色々なので、思ったほどハマらない人もいましたが、でも、「美男ですね」の沼にハマる人も沢山いました。

これから次々、ただのラブコメだけじゃないおすすめドラマの始まりです。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました